(1982.05.21) SOMEDAY

佐野元春の3枚目のオリジナル・アルバム。 佐野の知名度を全国区に押し上げた最初のヒット・アルバム。 オリコン・アルバムチャート最高位4位。 佐野が26歳の時の作品。

目次

発売情報

発売日カタログコード形態レーベル(税抜)税込価格備考
1982.05.2128・3H-61LPEPIC/SONY¥2,800歌詞カードが組み立て式のポケットブック。
1982.05.2128・6H-41TAPEEPIC/SONY¥2,800
1982.10.0135・8H-2CDEPIC/SONY¥3,500世界で初めて発売されたCD50タイトルのうちのひとつ。
1989.06.0127・8H-5096CDEPIC/SONY RECORDS(2,460)¥2,534アルバム「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」の発売に合わせて同時再発売された旧譜6タイトルのうちのひとつ。
1989.06.0125・6H-5096TAPEEPIC/SONY RECORDS(2,290)¥2,359
1992.09.01ESCB 1322CDEpic/Sony Records(2,718)¥2,800同時再発売された旧譜7タイトルのうちのひとつ。デジタル・リマスター。
2005.12.21MHCL 703CDGT music (Sony Music Direct)(2,400)¥2,520【限定盤】同時再発売された80年代アルバム8タイトルのうちのひとつ。紙ジャケ、デジタル・リマスタリング、完全生産限定。
2012.11.07SOMEDAY ※リンク切れAAC, 256kbps @iTunes StoreSony Music Entertainment(Japan)Inc.
  • album ¥2,000 ⇒ ¥2,100
  • ¥250/song
iTunes Storeのカタログに佐野元春の旧譜が一斉追加。SMEの方針転換を機に。
2013.02.20MHCL-30003CDGT music (Sony Music Direct)(1,800)¥1,890高品質CD規格の「Blu-spec CD2」で同時再発売された80年代オリジナル・アルバム6タイトルのうちのひとつ。
2014.10.29MHXX01175B00ZFLAC, 24bit/96kHz @moraSony Music Direct(Japan)Inc.
  • album ¥3,200
  • ¥540/song
80年代オリジナルアルバム6作品 初ハイレゾ化 同時配信のひとつ。
2016.03.30SOMEDAYAAC, 256kbps @iTunes StoreSony Music Direct(Japan)Inc.
  • album ¥2,100
  • ¥250/song
13タイトル同時に[Mastered for iTunes]に仕様変更。
2016.10.26MHJL-4LPGREAT TRACKS [Sony Music Direct(Japan)Inc.](4,000)¥4,320【限定盤】「レコードの日」に合わせて初期3部作が同時再発売。180g重量盤。
iTunes Store 価格改定
2014年4月の消費税増税時に2,100円に価格改定か。

その他

リリース20周年記念特別版 ⇒ 「SOMEDAY Collector's Edition」 2002年発売

収録曲

FRONT SIDE

  1. Sugartime
  2. Happy Man
  3. DOWN TOWN BOY
  4. 二人のバースデイ
  5. 麗しのドンナ・アンナ
  6. SOMEDAY

BACK SIDE

  1. I'm in blue
  2. 真夜中に清めて
  3. Vanity Factory
  4. Rock & Roll Night
  5. サンチャイルドは僕の友達

雑情報

沢田研二

沢田研二がコーラスで参加している「Vanity Factory」は佐野元春が沢田のアルバム用に書き下ろした曲をセルフカバーしたもの。 佐野は1980年代前半に6曲を沢田に提供していて、これらの楽曲はすべて先に発表された沢田版がオリジナルということになる。 沢田版はいずれもアルバム収録曲でシングルでの発売は無い。

沢田研二への提供曲一覧と佐野元春のセルフカバー状況は次の通り。

提供曲名 (沢田版の編曲者)収録アルバム - 沢田研二収録アルバム - 佐野元春備考
彼女はデリケート (伊藤銀次)G.S. I Love You (1980.12.23)
iTunes Store
NIAGARA TRIANGLE VOL.2 (1982.03.21)沢田版に佐野がコーラスで参加。
I'm In Blue (伊藤銀次)G.S. I Love You (1980.12.23)SOMEDAY (1982.05.21)
The Vanity Factory (伊藤銀次)G.S. I Love You (1980.12.23)SOMEDAY (1982.05.21)佐野版に沢田がコーラスで参加。
Bye Bye Handy Love (伊藤銀次)STRIPPER (1981.06.10)
iTunes Store
No Damage 14のありふれたチャイム達 (1983.04.21)佐野版はショートエディット・バージョン。フルバージョンはシングル「SOMEDAY」とアルバム「SOMEDAY Collector's Edition」に収録されているがいずれも新品での入手困難。
Why Oh Why (伊藤銀次)A WONDERFUL TIME (1982.06.01)
iTunes Store
※セルフカバー無し
すべてはこの夜に (井上鑑)NON POLICY (1984.06.21)
iTunes Store
※セルフカバー無し1986年に吉川晃司がシングル曲としてカバーし、オリコンチャート最高4位を記録している。

佐野の沢田への楽曲提供は、佐野の当時のバックバンドであったThe Heartlandのギタリスト・伊藤銀次が関係していて、伊藤がアレンジャーとして参加した沢田研二のいくつかのアルバムに佐野はコーラスでも参加している(「ゲスト参加」のページを参照)。 伊藤は佐野のファーストアルバムとセカンドアルバムの仕事を評価されて、沢田研二のアルバム制作メンバーに抜擢されたという。

当時、無名に近かった佐野のアルバムに人気絶頂の沢田研二がコーラス参加したことは、アルバム「SOMEDAY」の売り上げにいくらか貢献があったものと思われる。

SOMEDAYのフォント

アルバムジャケットの「SOMEDAY」の文字はWindowsとMacintoshに標準でインストールされているフォント「Impact」で再現できる。

初期三部作

デビューからここまでのアルバム3枚(「BACK TO THE STREET」、「Heart Beat」、「SOMEDAY」)が佐野元春の初期三部作として括られ、その世界観から「都会的」や「疾走感のある」といった佐野のパブリックイメージのひとつが形成されている。 ファンや評論家だけでなく佐野自身も「初期三部作」という表現を使って自らの足跡を語ることがある。

レコードの内周側は音が悪い

タイトルチューンでこのアルバムの勝負曲である「SOMEDAY」はアルバムA面の最後に入っている。 制作に関わった伊藤銀次は、「SOMEDAYの音がショボくなるよ」と、アナログ盤の内周付近に入れることに反対し佐野と揉めたそうだが、佐野は自分の頭の中にストーリーがあって、その通りに曲を並べたいと譲らなかったという。 アナログレコードはCAV(角速度一定)方式であるため、盤面の外周付近と内周付近では針のトレース量で最大2倍ほどの差があり、針が盤の中心に近づくにつれて音質が低下していく。 佐野は完成したものを聴いて「やっぱり銀次の言う通り音が良くなかった」と言ったそうだ。
※出典:ネットラジオ「伊藤銀次のPOP FILE RETURNS」2016年12月9日配信(第172回)

外部リンク

佐野元春公式サイト MWS内の作品紹介ページ

Wikipedia

前後作品

 前の前今作品次の次
オリジナル・アルバム1980.04.21
BACK TO THE STREET
1981.02.25
Heart Beat
1982.05.21
SOMEDAY
1984.05.21
VISITORS
1986.12.01
Cafe Bohemia
アルバム1980.04.21
BACK TO THE STREET
1981.02.25
Heart Beat
1982.05.21
SOMEDAY
1983.04.21
No Damage 14のありふれたチャイム達
1984.05.21
VISITORS
全作品1982.03.21
NIAGARA TRIANGLE VOL.2
彼女はデリケート※シングル
1982.04.21
Sugartime※先行シングル
1982.05.21
SOMEDAY
1982.08.25
Happy Man※シングル
1982.11.21
スターダスト・キッズ※シングル

このページについて

このページの編集やその他の操作

このページの最終更新日

2016.12.15 Thu

hitoriPedia