デジタル・アートピース 僕は愚かな人類の子供だった

目次

発売情報

発売日カタログコード形態レーベル(税抜)税込価格備考
1999.02.15download (Macromedia Flash)Sony Music Entertainment¥3001999年2月15日から28日まで期間限定ダウンロード販売。
2001.08ESRD 7CD-ROMEpic Records(1,165)¥1,223MDSによるオンライン販売のみ。

収録曲

作品説明

デジタル・アートピースはMacromedia社のFlashで作られた映像作品で、いわゆるフラッシュアニメである。 インターネット時代を見据えたノンパッケージ商品としてソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)のサイトから2週間限定でダウンロード販売された。 この企画は1998年8月30日の佐野元春ライブ「地下室からの接続」に続くSMEの有料配信実験第2弾という位置付けのものだった。

この作品では楽曲に合わせて映像が展開される他に、曲の途中にマウスクリックで隠れたメッセージが現れるなどのインタラクティブな仕掛けが盛り込まれている。 音源は前年の11月にリリースされた手塚治虫生誕70周年トリビュートアルバム「ATOM KIDS」所収のものとはミックスが異なる

CD-ROMはソニーのECサイト「EGSTREET」(イージーストリート)内に設けられた佐野元春専門ショップ「Motoharu Sano's Direct Shop」(MDS)のオープン記念のショップ限定受注商品だった。 パッケージ化はユーザーの要望に応えたものとのことで、記載されている対応OSはWindows98/MeとMacintosh。 商品の外観は音楽CDと同じプラスチックケース。 予約期間は2001年6月15日から7月9日までで、商品の配送は8月の上旬あたりに行われた。 のちに、2002年1月23日にDVD「In Motion 2001 〜植民地の夜は更けて〜」がリリースされた際に数量限定で再発売されている(再生産したのではなく在庫があったのだろう)。

以下は商品の帯から抜粋。

「鉄腕アトム」TVシリーズ、最終回の名シーケンスを挿入。
1999年2月に期間限定で、デジタルコンテンツ配信された佐野元春の
デジタル・アートピース「僕は愚かな人類の子供だった」
佐野元春が敬愛してやまない、手塚治虫のアニメーション「鉄腕アトム」と
スポークンワーズのサウンドスタイルがシーケンスした作品
佐野元春 デジタル・アートピース 「僕は愚かな人類の子供だった」 CD-ROM

主な制作スタッフは以下。

注釈

Macromedia社
2005年にアドビシステムズに買収される。 Flashはその後、WWWの標準仕様と言えるほどに成長普及した。
ダウンロード販売
この商品で採用された課金方法は「WebMoney」「BitCash」「QQQシステム」「Smash」の4種類。 Smash以外の課金方法はプリペイド式カードを利用するもの。 Smashはソニーコミュニケーションネットワークが運営しているインターネットサービスプロバイダ・So-netの会員用決済サービス。 オンラインの少額決済をどのように行うかはこの頃の課題のひとつだった。 ダウンロードについては失敗に備えて期間中は1回の課金につき3回までダウンロードが可能となっていた。
ミックスが異なる
トリビュートアルバム「ATOM KIDS」に収録されたのは「CMJK version」。 このデジタル・アートピースに収録されたのはDJ CELORYによるミックス。 両バージョンとも、1999年3月1日にリリースされたマキシシングル「僕は愚かな人類の子供だった」に収録されている。
EGSTREET
「EGSTREET」はSONYのECサイトで、国内大手レコード会社初の直販サイトとして2001年5月15日にオープン。 2003年6月6日に「Sony Music Shop」に名称変更し、リニューアルオープンに伴ってMDSは消滅している。

外部リンク

ニュース記事

アーティスト


このページについて

このページの編集やその他の操作

このページの最終更新日

2010.01.05 Tue

hitoriPedia