トーク・イベント

目次

2003年

12月7日 『TOYOTA radiofish 1周年記念イベント 〜佐野元春TALK&LIVE』

佐野元春がDJを担当したラジオ番組「TOYOTA radiofish 」の開始1周年を記念した公開録音イベント。

開催日2003年12月7日(日)
場所THE GARDEN
〒105-0022 東京都港区海岸1-11-1 ニューピア竹芝ノースタワー3F
出演片寄明人 / 伊藤銀次 / 佐野元春 / 司会:手島里華
チケット抽選応募で100組200名を無料招待

セットリスト

外部リンク

TOYOTA radiofish 番組1周年記念イベント 佐野元春 TALK & LIVE
個人サイト・SITEDOI内にあるイベント・レポート。

12月20日 『HMV 数寄屋橋 インストア・イベント』

シングル「君の魂 大事な魂」の発売を記念したトーク・イベント。

開催日時2003年12月20日(土) 14:00-
場所HMV 数寄屋橋
〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1 モザイク銀座阪急4F
出演佐野元春 / 司会進行:山崎二郎
チケット同店でシングル「君の魂 大事な魂」を予約か購入をした人に先着順で無料配布。
特典くじ引きでサイン色紙を配布(当選確率1/2)。

2004年

4月16日 『資生堂「ワードフライデイ」』

化粧品メーカーの資生堂が主催する講演会に出演。 音楽評論家の今井智子と対談した。 講演内容はのちに月刊誌「WORD vol.38 2004年6月」に掲載される。

副題希望へむかって脱出。君は今どうしていますか?
開催日2004年4月16日(土)
場所東京銀座資生堂ビル
〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3
出演今井智子 / 佐野元春
参加費資生堂WORDメンバーズ:2,000円、非会員:2,500円 (事前申込み制)

6月3日 『DaisyMusic発足記念パーティー』

佐野元春の独立レーベル「DaisyMusic」の設立を記念して開催されたイベント(前半ライブ・後半トーク)。 プレス向けのクロージング・バンケットで一般入場は無し。 ただ、佐野の公式ファンクラブ「mofa」の会員のうち、東京近辺在住の会員に電子メールで会場入り口へ集まるよう当日に召集が掛かり、パーティー終了後に佐野から集まったファンに挨拶があったとのこと。

これ以降、佐野の公式サイトでは毎年6月3日をDaisyMusicの設立記念日としている。

ニュース記事としては翌日のスポーツ報知やフジテレビの「めざましテレビ」などで取り上げられた。

開催日2004年6月3日(木)
場所レストラン・バー CAY
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
出演佐野元春 and The Hobo King Band / 司会:赤坂泰彦 / 挨拶:石坂敬一(ユニバーサルミュージック株式会社社長兼CEO)

セットリスト

外部リンク

2007年

5月19日 『Soundings2007@NADIFF 井上鑑「音は旅、音は砂、音は血のように熱く甘い闇」』

井上鑑主催の展示イベント(5月12日〜22日)の期間中に行われたスペシャル・イベントに出演したもの。 前半はトーク・セッション、後半はスポークンワーズ・ライブで「ポップチルドレン」「コヨーテ、海へ (スポークンワーズ・バージョン)」「アルケディアの丘で」の3曲を演奏。 前売り案内では立ち見を含めて定員80名としていたが、急遽120名ほどに増員したよう。

副題Event #3 Beat / Talk Session & Performance 「コヨーテ、海へ - Soundings In Motion -」
開催日時2007年5月19日(土) 20:30-21:30
場所渋谷・ナディッフ本店
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目9-8 カソレール原宿MOKKOビルB1
出演井上鑑 / 金子飛鳥 / 佐野元春 / 司会:青澤隆明(鎌倉芸術館ディレクター)
チケット代2,000円

外部リンク

6月12日 『アップルストア銀座 Moto Sano talks about the music of 「COYOTE」』

アルバム「Coyote」発売前日に行われたトーク・イベント。 満員で入場制限が掛けられた。 イベント後の単独インタビューがアップルのサイトに掲載されている。

開催日時2007年6月12日(火) 19:00-20:00
場所アップルストア銀座 3F Theater
〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-12
出演佐野元春 / 小松シゲル / 高桑圭 / 深沼元昭 / 司会:鈴木万由香
入場料先着順・無料

参考サイト・ページ

[N] Apple Store佐野元春「COYOTE」発売前夜イベントに参加
有力ブログ「ネタフル」にエントリーされているアップルストア銀座イベントの実況レポート。

9月〜翌年1月 立教大学文学部2007度後期授業『Spoken Words -共感伝達としての「言葉」と「音楽」』

佐野元春が母校の立教大学において客員講師(文学部兼任講師)に就任し、3ヶ月間教鞭を執ったもの。 最初の授業は9月26日で週1回毎週水曜日全13回の授業を行った。

2008年

1月24日 『fm fukuoka produce イムズプレミアムトーク』

不定期で毎回1組のアーティストをゲストに招いて行われるエフエム福岡の公開収録トーク番組にゲスト出演したもの。 佐野元春出演回は2008年2月3日(日)19:00からの「SUNDAY SPECIAL」でオンエアされた。

なお、この収録の翌日と翌々日には「TOUR 2008 'Sweet Soul, Blue Beat'」の熊本公演と中津公演が控えていた。

開催日2008年1月24日(木)
開場/開演18:30/19:00
場所イムズホール
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズビル9F
出演MC:こはまもとこ / ゲスト:佐野元春
チケット抽選応募による招待制 入場無料

2月23日 『田中聡さんをしのぶ夜 GO TO HEAVEN』

2008年1月10日に急逝した関西のイベントプロデューサー・田中聡氏の追悼イベント。 関係者のみのクロージング・バンケット。 佐野はスポークンワーズを披露した。

開催日2008年2月23日(土)
場所flowing KARASUMA
〒604-8152 京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町645

外部リンク

2009年

1月〜9月 『ザ・ソングライターズ ─ 音と言葉の創作ノート』

立教大学文学部百周年記念事業の一環で催された佐野元春企画構成の公開講座。 毎回1名のゲストを迎え、佐野自身がホストを務めた。 なお、立教大学文学部の100周年は2007年で、この講座は記念事業の継続企画。

以下は立教大学のホームページで告知された同講座の説明。

佐野元春が母校、立教大学で展開するオープン・クラス。 同時代のソングライターとの対話を通して、音楽詩の諸相を探り、創造的なソング・ライティングの本質に迫る講座です。

第1回の聴講者募集は「本学学生、校友、一般」が対象で先着順だったが、第2回以降は在校生と教職員のみを対象に抽選(2,3回)・先着順(4,5,6回)となった。 開催場所は立教大学・池袋キャンパス某教室。

同講座の模様は7〜9月にNHK教育でレギュラー番組「佐野元春のザ・ソングライターズ」として放送された。

開催日時ゲスト(年齢)NHK教育での放送日
2009年1月12日(月祝) 17:00-20:30(予定)小田和正(61)7月4日(土), 7月11日(土)
2009年4月19日(日) 16:30-21:00頃松本隆(59)8月8日(土), 8月15日(土)
2009年5月17日(日) 16:30-21:00頃さだまさし(57)7月18日(土), 7月25日(土)
2009年8月10日(月) 16:30-21:00スガシカオ(43)8月22日(土), 8月29日(土)
2009年8月28日(金) 16:20-21:00矢野顕子(54)9月5日(土), 9月12日(土)
2009年9月7日(月) 16:20-21:00降谷建志(30)9月19日(土), 9月26日(土)

※佐野はこの時52〜53歳。

外部リンク

9月17日 『宣伝会議 コピーライター養成講座 基礎コース セミナー・イベント 特別講演』

株式会社宣伝会議・コピーライター養成講座の特別講演で、クリエイティブディレクター・箭内道彦と対談を行う。 聴講は講座受講生のみで一般は募集しなかった。

※この講演について、宣伝会議のサイトでは特に告知案内はなかった。 伝えたのは佐野元春の公式サイトMWS。

外部リンク

10月25日 『立教大学 第47回 ホームカミングデー/校友の集い』

立教大学が卒業生を対象に年1回開催するイベント「ホームカミングデー」のトークショーに登場。

開催日2009年10月25日(日)
時間13:00-14:00
場所池袋キャンパスAB01教室
出演佐野元春 / インタビュアー:山崎二郎(BARFOUT!編集長)

外部リンク

2010年

3月20日,21日,26日,27日 『カフェ・ボヘミア2010 トーク・セッション「オルタナティブ80's 佐野元春との対話」 』

展示イベント「カフェ・ボヘミア2010 & オルタナティブ80's」(3月15日〜28日)の期間中に行われた有料のトークイベント。 ゲストに伊藤銀次が出演した回と長谷川博一が出演した回は佐野元春の公式サイトMWSが動画共有サービスのUSTREAMを利用して全編生中継を行った。 また、各回はNHK-FM「元春レイディオ・ショー」の収録も兼ねており、4月第1周より順次放送された。

場所Time Out Café & Diner
〒150-0011 東京都渋谷区東3-16-6 リキッドルーム2F
入場料前売り税込2,500円(1ドリンク付) ※チケッティングはTime Out Cafe & Dinerサイトでメール予約か店頭販売。 一部公演は当日券3,000円も販売。
動員各日約100名
公演日ゲスト(年齢)トークテーマ開場/開演備考
2010.03.20 sat片寄明人(41)オルタナティブ80's18:30/19:00
2010.03.21 sun伊藤銀次(59)サムデイを巡る回想録19:00/19:30Ust中継あり
2010.03.26 fri駿東宏(54)80年代、音楽とアート19:30/20:00
2010.03.27 sat長谷川博一(?)佐野元春、80年代の仕事18:30/19:00Ust中継あり

※佐野はこの時54歳。

USTREAM

5月15日 『同志社大学ライフリスク研究センター公開シンポジウム「アートの力 −クリエイティブ経済と21世紀社会−」』

創造性が社会・経済の主役となる21世紀に、創造性の源泉となるアートの役割は大きく高まります。創造性の源泉としてのアートとは何かをシンポジウムで明らかにします。
告知サイトより抜粋
開催日2010年5月15日(土)
場所同志社大学寒梅館 ハーディーホール
〒602-8580 京都市上京区今出川通り烏丸東入
参加費用 / 募集定員無料 / 800名(専用メールフォームから申し込み、先着順、2010年4月7日告知、5月10日〆切)
パネリスト
  • 姜尚中 (59) 東京大学情報学環教授
  • 平田オリザ (47) 劇作家、大阪大学コミュニケーションデザインセンター教授
  • 佐野元春 (54) ミュージシャン
  • 岡部あおみ (59) 武蔵野美術大学教授
コーディネイター河島伸子 (同志社大学経済学部教授)

外部リンク

新聞掲載

2010年6月6日 朝日新聞(関西版・四国版・山口を除く中国版)朝刊 教育欄約1/2ページ
広告特集「アートの力 ─クリエイティブ経済と21世紀社会─」 企画・制作 朝日新聞社広告局

5月〜8月 『ザ・ソングライターズ ─ 音と言葉の創作ノート』

昨年に引き続き、佐野元春が司会で全6回、毎回1組計8名のゲストを迎えて開催された立教大学文学部の公開講座。 開催場所は立教大学・池袋キャンパス某教室。

第1回と第2回の聴講者募集は立教大学の学生のみが対象。 第3回は学生(大学生・高校生・専門学校生)と一般の参加者も募集(学生とは別の席で20名)。 第4回〜第6回は学生が対象。 いずれも先着順。

同講座の模様は7〜9月にNHK教育でレギュラー番組「佐野元春のザ・ソングライターズ 2nd Season」として放送された。

開催日時ゲスト(年齢)NHK教育での放送日
2010年5月16日(日) 16:30-21:00頃Mr.Children 桜井和寿(40)7月3日(土), 7月10日(土)
2010年6月20日(日) 16:30-21:00頃ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文(33)7月17日(土),7月24日(土)
2010年7月11日(日) 16:30-21:00頃ムーンライダーズ 鈴木慶一(58)7月31日(土),8月7日(土)
2010年7月25日(日) 16:30-21:00頃くるり 岸田繁(34)8月14日(土),8月21日(土)
2010年8月23日(月) 16:30-21:00頃RHYMESTER 宇多丸(41)、Mummy-D(40)、DJ JIN(37)8月28日(土),9月4日(土)
2010年8月31日(火) 16:00-21:00頃サカナクション 山口一郎(29)9月11日(土),9月18日(土)

※佐野はこの時54歳。 佐野はこの講座の合間の8月上旬に全国5都市のスポークンワーズ・ツアーを行っている。

外部リンク

10月24日 『スペシャルイベント WOWOWスペシャルドラマ 堤幸彦×佐野元春 「コヨーテ、海へ」 舞台挨拶&試写会』

開催日2010年10月24日(日)
場所東京ミッドタウン ホールA
〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7-1
参加費用 / 募集定員招待制・無料 / 110組220名(葉書かWOWOWサイトの専用メールフォームから申し込み、WOWOW契約者限定・抽選、2010年9月6日告知、10月7日〆切)
舞台挨拶登壇者堤幸彦(54) / 林遣都(19) / 長渕文音(22) / 佐野史郎(55) / 佐野元春(54) / 司会:坂上みき(51)

募集告知ページ

進行表

ニュース

雑誌記事

12月8日 『THE PREVIEW WOWOWスペシャルドラマ 堤 幸彦×佐野元春 「コヨーテ、海へ」ゲストトークショー&上映会』

開催日2010年12月8日(水)
場所なんばHatch
〒556-8510 大阪府大阪市浪速区湊町1-3-1
参加費用招待制・無料
募集定員
  • WOWOW募集枠:100組200名(葉書かWOWOWサイトの専用メールフォームから申し込み、WOWOW契約者限定・抽選、2010年11月23日?告知、12月1日〆切)
  • 佐野元春公式FC・mofa募集枠:50組100名(「@ぴあ」が専用フォームで受付、mofa会員限定・抽選、受付期間は11月27日(土)10:00〜11月29日(月)12:00。)
  • FM802募集枠:200組400名(葉書かFM802サイトの専用メールフォームから申し込み、応募条件無し・抽選、2010年11月23日?告知、12月1日〆切)
トークショー出演者佐野元春(54) / 神康幸(オフィスクレッシェンド代表取締役副社長) / MC:加藤美樹(45)

募集告知ページ

進行表

※実際はトークショー40分、上映時間110分、21:30終了。

2011年

2月2日 『アップルストア銀座 「月と専制君主」 iTunes Store発売記念イベント』

開催日2011年2月2日(水) 19:00-20:30
場所アップルストア銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-12 サヱグサビル本館
参加方法・費用先着順・無料
定員84席と若干の立ち見 ※2011.01.26 MWSの最新ニュースでの発表
出演者佐野元春(54) / 長谷川博一

外部リンク

iTunes Ping > ミュージック > ロック > 佐野元春 > アーティストプロフィール ※要iTunes 10 later
イベントで使用された映像素材を3月末までの期間限定でiTunes Pingに公開。
佐野元春さんに会ってきた♪ #motoJP - TOKIOは一日にして成らず
tkfuji氏の個人ブログで公開されているTwitter実況中継のまとめ。
Togetter - 「アップルストア銀座に佐野元春さん登場♪3年8ヶ月振り #motoJP #applejp」
上のtkfuji氏のつぶやきも含めたTwitterまとめ。
2011-02-02 - もとまっくブログbeta2
motomac氏の個人ブログにレポート掲載。

4月24日 『CRT&レココレPresents Vol.139「マキタスポーツと佐野元春を聴こう! 80年代編」』

※佐野元春本人の出演は無し。 会場には佐野元春から花が贈られたとのこと。

開催日2011年4月24日(日) 17:30開場18:30開演
場所Naked Loft
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-5-1 百人町ビル1F
料金1500円 + 1drink〜
出演者萩原健太 / 寺田正典(レコードコレクターズ編集長) / 能地祐子 / ゲスト:マキタスポーツ

4月〜6月 『「佐野元春のザ・ソングライターズ 」公開収録』

2011年4〜6月にNHK教育で放送された番組「佐野元春のザ・ソングライターズ 3rd Season」の公開収録。 佐野元春が司会で全6回、毎回1組計9名のゲストを迎えて開催された。 第1回の収録は2011年3月30日(水)に立教大学池袋キャンパスで行われる予定だったが東日本大震災の影響で中止となり、その後第1回、第2回、第6回は東京渋谷にあるNHK放送センター内のスタジオで収録された。

参加者募集はNHKが番組サイトに専用フォームを設置して行った。 募集対象は大学生と専門学校生に限られており、応募者多数の場合は抽選。 収録場所が立教大学の時はNHKの募集と並行して立教大学のサイトでも同大学の学生のみを対象に先着順で募集を行っている。 第3回の曽我部恵一と第5回のキリンジ出演回は、NHKは一般社会人の参加者をそれぞれ80名・100名を追加募集した。

開催日 開場/開講/終了予定時刻ゲスト(年齢)収録場所NHK教育での放送日
2011年4月4日(月) 16:00/17:00/21:00サンボマスター 山口隆(35) ※ワークショップにはサンボマスターの近藤洋一(35)と木内泰史(34)も参加渋谷・NHK放送センター内スタジオ4月23日(土), 4月30日(土)
2011年4月17日(日) 15:45/16:30/21:00KREVA(34)渋谷・NHK放送センター内スタジオ5月7日(土), 5月14日(土)
2011年5月14日(土) 15:45/16:30/21:00曽我部恵一(39)立教大学池袋キャンパス9号館大教室5月21日(土), 5月28日(土)
2011年5月22日(日) 15:45/16:30/21:00トータス松本(44)立教大学池袋キャンパス9号館大教室6月4日(土), 6月11日(土)
2011年6月5日(日) 15:45/16:30/21:00キリンジ 堀込高樹(42)、堀込泰行(39)立教大学池袋キャンパス9号館大教室6月18日(土), 6月25日(土)
2011年6月26日(日) 15:45/16:30/21:00七尾旅人(31)渋谷・NHK放送センター内スタジオ7月2日(土), 7月9日(土)

※佐野はこの時55歳。

外部リンク

5月27日 『慶應MCC「夕学五十講」』

『夕学五十講』(せきがくごじゅっこう)は、慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が主催する定例講演会、ビジネスセミナー。 2011年度前期25講演のうちのひとつに佐野元春が講師として登壇。 佐野の講演は定員を増やし、通常は机席を設けている舞台そばのスペースをすべて椅子席に変更して開催。 講義タイトルは『共感伝達としての「音楽」と「言葉」』。

開催日時2011年5月27日(金) 18:30-20:30(開場18:10)
場所丸ビルホール
〒100-6307 東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル 7F
講師佐野元春
参加費用受講券1枚の場合5,250円(専用メールフォームから申し込み、2011年2月28日から受付開始)

夕学サテライト

同講座の模様はインターネット回線を利用して次の会場にライブ中継された。

場所主催定員/受講費用
常磐大学情報メディアセンター別館(Q棟)1階センターホール常磐大学・常磐短期大学100名 / 2,000円
一宮商工会議所一宮商工会議所不明 / 3,000円
慶應大阪リバーサイドキャンパス慶應大阪リバーサイドキャンパス60名 / 2,000円
岡山商科大学7号館781教室岡山商科大学・県商工会議所連合会不明 / 1,200円
広島商工会議所ビル会議室広島商工会議所・広島大学不明 / 3,000円
福岡商工会議所5階502号室福岡商工会議所60名 / 5,600円

※受講費用の金額は一般の人が1回だけ受講した場合のもの

8月6日 『WOWOWドラマ「コヨーテ、海へ」 DVD発売記念 スペシャルトーク&上映イベント』

開催日時2011年8月6日(土) 上映13:00〜 トークセッション15:00〜
場所オーディトリウム渋谷
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
出演佐野元春 / 堤幸彦
参加方法抽選100名。 来場時にDVDに同封されているポストカードが必須。

ニュース

2012年

8月〜 『「佐野元春のザ・ソングライターズ 」公開収録』

2012年10〜12月にEテレ(NHK教育)で放送予定の番組「佐野元春のザ・ソングライターズ 4th Season」の公開収録。

参加者募集はNHKが番組サイトに専用フォームを設置して行った。 募集対象は大学生と専門学校生(3回目からは大学院生も)に限られており、応募者多数の場合は抽選。 今回は収録場所が立教大学の時でも、募集はNHKのサイトでのみ行われた。

開催日 開場/開講/終了予定時刻ゲスト(年齢)収録場所Eテレでの放送日
2012年8月26日(月) 夕方〜夜中村一義(37)渋谷・NHK放送センター内スタジオ10月5日(金), 10月12日(金)
2012年9月23日(日) 15:45/16:00/20:30ACIDMAN 大木伸夫(35)立教大学池袋キャンパス内 教室10月19日(金), 10月26日(金)
2012年10月14日(日) 15:45/16:00/20:30星野源(31)立教大学池袋キャンパス内 教室11月2日(金), 11月9日(金)
2012年10月28日(日) 15:45/16:00/20:30山崎まさよし(40)立教大学池袋キャンパス内 教室11月16日(金), 11月23日(金)
2012年11月17日(土) 15:45/16:00/20:30なかにし礼(74)渋谷・NHK放送センター内スタジオ11月30日(金), 12月7日(金)
2012年12月7日(金) 15:45/16:00/19:30※佐野元春がひとりで講義を行う特別編につきゲスト無し渋谷・NHK放送センター内スタジオ12月14日(金), 12月21日(金)

※佐野はこの時56歳。

外部リンク

2013年

4月20日 『東京芸術学舎 集中講座「インタビューのデザイン」』

開講日時4月20日(土), 4月21日(日)
場所東京芸術学舎
〒107-0061 東京都港区北青山1-7-15 外苑キャンパス
出演講師:ジョー横溝、1日目ゲスト:佐野元春、2日目ゲスト:SUGIZO
参加方法先着60名。 満15歳以上なら誰でも申し込み可能。
受講料16,000円

4月29日 『「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」 パブリック・リスニング』

5月4日(土祝)と5日(日祝)に全国民放100局で放送予定の特別番組「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」を、当時の出演者や関係者とともに事前に聴くというイベント。

開催日時2013年4月29日(月祝)
場所ニッポン放送 イマジンスタジオ
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-9-3 ニッポン放送本社内
出演佐野元春 / 田家秀樹 / 司会:くり万太郎
参加方法抽選100名を無料招待。専用メールフォームから申し込み。

5月17日 『WOWOW連続ドラマW「配達されたい私たち」 佐野元春×古厩智之監督トークセッション』

5月12日(日)スタートのWOWOW連続ドラマ「配達されたい私たち」(毎週日曜 22:00-23:00 全5回)の番組宣伝のトークイベントに佐野元春と、ドラマの監督の一人である古厩智之が登場。 おそらくはプレス向けのイベントで一般の入場者は無かったものと思われる。

開催日時2013年5月17日(金)
場所株式会社WOWOW本社
〒107-6121 東京都港区赤坂5-2-20
出演佐野元春 / 古厩智之 / 司会:鹿野淳

同日午後から翌日に掛けてインターネットニュースサイトやスポーツ新聞サイトなどが一斉にニュース記事をアップした。 いずれの記事にも共通の写真が使用されている。

インターネットニュース

スポーツ新聞

10月14日 『ポール・マッカートニー「NEW」世界同時発売記念インストア・イベント 「Paul is "New"」』

ポール・マッカートニーの通算16枚目のオリジナル・アルバム「NEW」が世界同時発売されるのを記念して、発売日である10月14日(月祝)に都内某所で開催されたインストア・イベント。 ビートルズ時代から現在に至るまでのポール・マッカートニーの魅力を語り合うスペシャル・トーク・セッションに佐野元春と音楽評論家の萩原健太が登壇。 東スポwebによると入場者数は150名。

開催日時2013年10月14日(月祝) 13:00開場 / 13:30スタート / 14:30終了予定
場所タワーレコード渋谷店 B1 CUTUP STUDIO
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-22-14
トークゲスト佐野元春 / 萩原健太

イベント参加方法

締め切りは10月9日(水)。

ニュースサイト(告知)

ニュースサイト(レポート)

2014年

9月13日 『THE BIG PARADE 2014』

『デジタル時代の新型ミュージックフェスティバル』を標榜する複合型音楽イベント。 佐野は13日にDigital Garageで基調講演(音楽プロデューサーの山口哲一とのトークセッション)を行った。

開催日時2014年9月13日(土)〜15日(月祝)
場所
  • [INFORMATION] T-SITE Garden Gallery 東京都渋谷区猿楽町16-15
  • [SESSION] Hillside Plaza 東京都渋谷区猿楽町29-10
  • [SESSION] Digital Garage 東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 代官山DGビル(デジタルゲートビル)
  • [SESSION] Theatre CYBIRD 東京都渋谷区猿楽町10-1マンサード代官山
  • [SHOWCASE] Liquid Room 東京都渋谷区東3-16-6
  • [SHOWCASE / CLUB EVENT] 代官山UNIT 東京都渋谷区 恵比寿西1−34−17 ZaHOUSE
  • [J-MUSIC PARADE] 代官山LOOP 東京都渋谷区鉢山町13-12 OXY有馬 B1F

2015年

7月15日 『J-WAVE「OTOAJITO」 公開収録イベント』

東京のFMラジオ局・J-WAVEの番組「SAPPORO BEER OTOAJITO」(毎週土曜 18:00-18:54 ナビゲーター:クリス・ペプラー)が、佐野元春をゲストに招いて開催した公開収録イベント。 オンエアは7月18日(土)。

6月24日からJ-WAVEホームページ内に専用応募フォームが設置され、二十歳以上のJ-WAVEリスナー15組30名が抽選で招待された。

日時2015年7月15日(水)18:30開場/19:00開演(20:00終了予定)
会場パーフェクト黒ラベルビヤガーデン(大手町・東京サンケイビル前)
出演佐野元春 / クリス・ペプラー

8月2日 『SWITCH Presents 「Good Music and 3WAY Talk to 70's Spirits」@70's VIBRATION YOKOHAMA』

<イベントキャッチコピー>
アナログ・コンサート

いい音楽を聴く。70年代の音楽はいつも謎で世界への扉を開いてくれた。
最高の音楽を最高の環境で。
アナログ盤を通して三人のゲストが語る70年代のカルチャーをひも解いていく。
開催場所横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール
〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-1-1
第1回8月1日(土)開場16:00/開演17:00 出演:ピーター・バラカン「音楽の収穫時期」 ゲスト:濱口祐自
第2回8月2日(日)開場16:00/開演17:00 出演:佐野元春「音楽の収穫時期」 ゲスト:室矢憲治
第3回8月9日(日)開場16:00/開演17:00 出演:片岡義男「ラジオのように」 ゲスト:南佳孝 / 佐藤秀明
チケット前売り3,000円(第1〜3回すべて 全席自由 ドリンク代が別途必要)

佐野元春出演回は事前にゲストの告知はされていなかったが、室矢憲治とともに登壇し対談形式で進行した。

このイベントは横浜赤レンガ倉庫1号館2階スペースで開催された展示会「70'sバイブレーション!YOKOHAMA」(8月1日~9月13日)と連動するものだった(展示会は入場料が別)。 また8月3日にはこの展示会を特集した雑誌 「SWITCH SPECIAL ISSUE 70's VIBRATION YOKOHAMA」が刊行されて、佐野元春のインタビュー記事が掲載されている。

2016年

12月21日 『DVD/Blu-ray発売記念「佐野元春35周年記念アニバーサリーツアー」プレミア上映会』

開催日時2016年12月21日(水) 18:40開場/19:00開演/21:00終了予定
場所立川シネマシティ / シネマ・ツー / aスタジオ (382席)
〒190-0012 東京都立川市曙町 2-42-26
出演佐野元春 / 近浦啓 / MC:中村貴子
イベント内容
  • 1部:トークショー
  • 2部:極上音響上映会(Blu-ray本編190分を90分に短縮したバージョン)
チケット前売り2,500円 ※Web予約はクレジットカード決済のみ、シネマ・ツー窓口は現金のみ。Web予約1席あたり50円の予約手数料が必要(有料会員は手数料無料)。

シネマ・ツー1Fの「Cinema Cafe PIZZERIA BAR NAPOLI」はこの日の営業時間中、店内BGMが佐野元春ナンバーや関連アーティストのものに。

2017年

1月9日 『佐野元春アナログ再発売記念イベント 佐野元春×長門芳郎 トークショー in PIED PIPER HOUSE』

当時、国内唯一のアナログレコードプレスメーカーであった東洋化成株式会社が主催した「レコードの日」(11月3日)に合わせて、全国各地で「アナログレコードの魅力啓蒙イベント」なるものが開催される。 その一環として催されるインストアイベント。 当初は11月3日に開催予定だったが、佐野の復刻アルバムの発売が延期になって、このイベントも2ヶ月延期になった。 11月3日に開催予定だった時のタイトルは『「レコードの日」 presents 佐野元春アナログ再発売記念イベント 佐野元春×長門芳郎 トークショー in PIED PIPER HOUSE』。

開催日時2017年1月9日(木祝) 13:00開場
場所タワーレコード渋谷店 B1 CUTUP STUDIO
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-22-14
出演佐野元春 / 長門芳郎 / 進行:能地祐子 / DJ:行達也

イベントに参加するには、タワーレコード渋谷店3Fにて対象商品を全額前金で予約し、整理番号付きイベント参加券を入手する必要があった。 対象商品は12月21日に再発売される佐野元春のアナログLP盤「BACK TO THE STREET」「Heart Beat」「SOMEDAY」(MHJL-2〜4 各税込4,320円)のいずれか。 参加券は10月19日(水)の開店時より先着順に配布され、規定枚数に達し次第終了。 ※10月28日のイベント延期の告知の際にBlu-ray & DVD「佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA - 35TH.ANNIVERSARY TOUR FINAL」も対象商品に加えられた。

対談相手の長門芳郎はかつて佐野元春のFC会報に連載でコラムを提供したり、長門がパーソナリティを務めるラジオ番組へ佐野がゲスト出演するなどで以前から交流があった。 対談の内容によると佐野の1997年のアルバム「THE BARN」のプロデューサーであるジョン・サイモンを仲介したのは長門であるとのこと。 長門はかつて南青山で経営していたレコードショップ「パイドパイパーハウス」を期間限定でタワレコ渋谷店内に復活させている最中で、佐野の他にも片寄明人や鈴木茂、伊藤銀次らをゲストに招いてトークショーを開催していた。

参考資料

告知

レポート


このページについて

このページの編集やその他の操作

このページの最終更新日

2017.07.19 Wed

hitoriPedia