2015年の番組出演や雑誌インタビュー

目次

雑誌・単行本・新聞

誌名種類・刊行頻度発売日(税抜)
税込価格
発行元【体裁】「見出し」 聞き手・撮影者掲載量(掲載ページ)
スポーツニッポンスポーツ新聞01.211部売り140円スポーツニッポン新聞社【コメント】『福地 元春名曲を登場ソングに…父が大ファン「SOMEDAY」』※スポーツ新聞各紙が横浜DeNAベイスターズ ドラフト4位の福地元春投手が父親の懇願で自身のホームゲーム登場曲に「SOMEDAY」を使用することになったという話題を取り上げたが、佐野元春のコメントを掲載したのはスポニチだけ。
「Movilist」ACTION1 WINTER 2015(創刊号)
ISBN:9784344952447
サブカル誌・不定期01.24(980)
1,058円
発行:ブラウンズブックス/発売:幻冬社【インタビュー】34,000字インタビュー「FROM VISITORS TO MOVILIST. 1984 TO 2014. MOTOHARU SANO, NEW YORK RE-VISITED 『VISITORS』から『MOVILIST』へ。1984年と2014年。佐野元春と往くニューヨーク」 文・撮影:山崎二郎カラー+白黒58ページ (PP.154-211)
+表紙
「ROCKIN'ON JAPAN」2015年3月号音楽雑誌・月刊01.30(657)
710円
ロッキングオン【ライブレポート】別冊付録「COUNTDOWN JAPAN 14/15 SPECIAL BOOK」 ※写真1点とセットリストを掲載カラー1/4ページ
スポーツ報知新聞・スポーツ紙03.131部売り140円報知新聞社【ライブレポート】「佐野元春がリキッドルームで35周年前夜祭ライブイベント ファンに感謝」 ※写真1点掲載 執筆者・撮影者共に不明317字
「大瀧詠一 Writing & Talking」
ISBN:9784864940481
単行本03.20(4,500)
4,860円
白夜書房
  • 大瀧詠一/伊藤銀次/佐野元春『僕らのビートが街をかけぬける』『僕らの時代は"オリジならない"パロディ感覚』※1981年の大瀧詠一のラジオ番組「スピーチ・バルーン」からの文字起こしで雑誌「FM fan」に掲載されたものの再掲
  • 大瀧詠一/杉真理/佐野元春『ナイアガラはまぎれもなく時代の産物だ』『時代の一地点に3つの衝撃が結集した…』※1982年に雑誌「新譜ジャーナル」に掲載されたものの再掲。司会は天辰保文。
  • 大瀧詠一/佐野元春/萩原健太『オール・タイム・フェイバリット』『ロイ・オービソン・スペシャル』※1989年の佐野元春のラジオ番組「FMスーパーミクスチャー」からの文字起こしで雑誌「FM STATION」に掲載されたものの再掲
琉球新報新聞・地方紙05.091部売り130円琉球新報社【抜粋】『新基地 相次ぐ音楽・芸能界発言/「誰が絆 壊しているか」/佐野元春さん 辺野古訪れ問う/爆笑問題太田さん 首相批判 』 ※佐野元春のFacebookでの発言を紹介するもの web版⇒佐野元春さん、辺野古訪れ「誰が絆 壊しているか」と問う社会面797字
沖縄タイムス新聞・地方紙05.111部売り130円沖縄タイムス社【抜粋】「沖縄基地問題は重要な問い/佐野さんFB再投稿/3日間で「いいね!」7千件」 ※佐野元春のFacebookでの発言を紹介するもの web版その1⇒佐野元春さん、辺野古に思う 「また、この地が引き裂かれている」、web版その2⇒佐野元春さん「沖縄基地問題は重要な問い」いいね!7千件432字 ※1
「ビルボード・ライブ・ニュース」2015年6月号 (#094)フリーペーパー・月刊05.01無料アド・ダイセン【ライブレポート】TEXT/今井智子、PHOTO/アライテツヤ ※4月2日に開催された「佐野元春 & The Hobo King Band Billboard Live 'Smoke & Blue 2015'」東京公演の写真付きリポートカラー1ページ (P.)
「Rolling Stone」 日本版 2015年8月号男性向け情報誌・月刊07.10(657)
710円
セブン&アイ出版【インタビュー】「ロングインタヴュー 佐野元春」INTERVIEW BY JOE YOKOMIZO, TEXT BY MASANOBU MATSUMOTO, PHOTOGRAPHS BY MACIEJ KUCIA [AVGVST], IN COOPERATION WITH 21_21 DESIGN SIGHTカラー6ページ (PP.100-105)
「ぴあ MUSIC COMPLEX Vol.1」
ISBN:9784835624938
エンタメ情報誌・不定期刊07.15(1,000)
1,080円
ぴあ【コメント】特集「映画と音楽の関係を考える」※十数名のアーティスト及び音楽関係者がそれぞれお気に入りの映画を1つづつ紹介するコーナーで、佐野元春がアメリカの興行主ビル・グレアムを追ったドキュメンタリー映画「フィルモア 最后のコンサート」を推薦。撮り下ろしは無し。カラー1/3ページ (P.84)
日刊ゲンダイ新聞・タブロイド紙07.161部売り140円日刊現代【アルバムレビュー】[リレーコラム ヒットチャートめった聴き]西寺郷太 『佐野元春「Blood Moon」 デビュー35周年ブレない行動力と先見性』 ※佐野のコメント等は無し
「ストレンジ・デイズ」 No.190 (2015年9月号)音楽誌・月刊07.18(907)
980円
ストレンジ・デイズ【インタビュー】「佐野元春インタヴュー」 インタヴュー=岩本晃市郎、写真=アライテツヤカラー9ページ (PP.56-64)
「SWITCH」 Vol.33 No.8
ISBN:9784884183714
サブカル誌・月刊07.18(900)
972円
スイッチパブリッシング【インタビュー】『佐野元春「表現者の矜持」』 写真=笹原清明、文=板子淳一郎カラー4ページ (PP.118-121)
「MUSIC MAGAZINE」 2015年8月号音楽誌・月刊07.18(762)
823円
ミュージックマガジン【アルバムレビュー】※アルバム・ピックアップのコーナーで「Blood Moon」のレビュー。 テキスト:能地祐子 ※佐野のコメント等は無しカラー1/2ページ (P.127)
「BARFOUT!」 August 2015 volume 239
ISBN:9784344952812
サブカル誌・月刊07.21(750)
810円
発行:ブラウンズブックス/発売:幻冬社【インタビュー】編集長:山崎二郎によるインタビュー。内1ページは佐野元春のバストショット写真だが、BARFOUT!用に撮り下ろしたものではなく共用の宣材写真。撮影はアライテツヤ。カラー2ページ (PP.6-7)
日本経済新聞・夕刊新聞・経済紙07.221部売り70円日本経済新聞社【インタビュー】『[創クリエーター] 現代社会に切り込む詞 デビュー35年 研ぎ澄まされた感性 ミュージシャン佐野元春さん』 聞き手=大阪・文化担当:多田明。 ウェブ版アートセレクト面
朝日新聞・夕刊新聞・一般紙07.231部売り50円朝日新聞社【アルバムレビュー】「for your Collection 国内ポピュラー」 ※今井智子によるアルバム「Blood Moon」評。 ウェブ版文化芸能面
「GOETHE(ゲーテ)」 Sep. 2015男性向け情報誌・月刊07.24800円幻冬舎【アルバムレビュー】「風景も心も描くショート映画を感じる"ロック"」テキスト:神舘和典 ※カラー1ページのアルバム「Blood Moon」の紹介記事。佐野元春の新しいコメントや撮り下ろしは無し。共用の宣材写真を使用。カラー1ページ(P.154)
「宝島」 2015年9月号情報誌・月刊07.25(556)
600円
宝島社【インタビュー】キーパーソンインタビュー 佐野元春 「音楽を守るためなら命も差し出すロックン・ロール・バカの矜持」 取材・文/高岡洋詞、写真/高木あつ子カラー4ページ (PP.104-107)
「precio」 2015年9月号 vol.53
※3大都市圏の病院や医院へ無料送付
ハイソ向けフリーペーパー・隔月刊07.27無料株式会社メディアネットワークコミュニケーションズ【ライブレポート】「親密なるライブハウスならではの粋な夜を演出 今宵のロックンローラーは 名シンガー・ソングライター」 文/野村雅夫、写真/Kenju Uyama、構成/プレシオ編集部、協力/ビルボードライブ大阪カラー2ページ
「25ans(ヴァンサンカン)」 2015年9月号女性向け雑誌・月刊07.28800円発行:ハースト婦人画報社/発売:講談社【インタビュー】Photo:ITSUMI KAMIYA [TRIVAL], Hair & Make-up:KIYOMI YOSHIKAWA [El mago], Text:MAYUMI YAWATAYA
「サンデー毎日」 2015年8/9号週刊誌07.28(380)
410円
毎日新聞社【アルバムレビュー/コメント】内田正樹 連載「恋する音楽」第137回『世界の"変容"を捉えた 35年目のロックンロール』 ※佐野元春のインタビューコメント掲載。撮り下ろし無し。白黒1ページ (P.103)
「ROCKIN'ON JAPAN」 2015年9月号音楽誌・月刊08.01(620)
669円
ロッキングオン【インタビュー】
「Movilist」ACTION2 SUMMER 2015
ISBN:9784344952867
サブカル誌・不定期08.01(980)
1,058円
発行:ブラウンズブックス/発売:幻冬社【インタビュー】ロングインタヴュー 『「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」から「BLOOD MOON」へ。1989年と2015年。佐野元春と往くロンドン』
「SWITCH SPECIAL ISSUE (70’s VIBRATION YOKOHAMA)」
ISBN:9784884184445
イベントガイド誌・単行本08.01(1,400)
1,512円
スイッチパブリッシング【インタビュー】「70's Key Persons Interview [表現者たちの70年代] > 佐野元春」 Photograpy:Sasahara Kiyoaki, Text:SWITCHカラー4ページ (PP.32-35)
「WI?(ワッツイン)」 2015. SEPTEMBER No.346音楽誌・月刊08.12(1,111)
1,200円
エムオン・エンタテインメント【インタビュー】佐野元春 & THE COYOTE BAND「滲み出すカウンター魂」INTERVIEW & TEXT BY 今井智子、PHOTOGRAPHY BY 緒車寿一、HAIR & MAKE BY 吉川清海(エルマーゴ)カラー+白黒8ページ (PP.92-99)
「エンタメステーション」OCTOBER 2015電子書籍・月刊08.25(278)
300円
制作:エムオン・エンタテインメント/発行:ソニー・ミュージックエンタテインメント【インタビュー/アルバムレビュー】「【総力特集】佐野元春 BLOOD MOON」インタビュアー:大谷隆之、執筆陣:西上典之/兼田達矢/栗本斉/志田歩/細川真平/古矢徹/伊藤美保カラー54ページ (PP.4-57)
北海道新聞・夕刊新聞・地方紙08.251部売り50円北海道新聞社【インタビュー】『佐野元春がアルバム「Blood Moon」 / 時代が作品に近づいた / 絶望の中にも救い / 来年1月札幌公演』 聞き手:大原智也、カラー写真1点掲載。芸能面 1,142字
読売新聞 大阪本社版・夕刊新聞・一般紙08.281部売り50円読売新聞社【インタビュー】ÉPICE INTERVIEW「佐野元春 35年の絆」 企画・制作/読売新聞広告局。 Robin Haseba [Photo Studio Haseba] による撮り下ろし1点あり。広告特集面 カラー約1/4ページ
「GLOW」 2015年10月号女性向け雑誌・月刊08.28(704)
760円
宝島社【インタビュー】撮影=冨田望、ヘア&メイク=吉川清海(エルマーゴ)、 取材・文=宇野維正。二色刷り3ページ (PP.161-163)
日経回廊 3
※日経IDを持っていて且つ関東関西の都市圏に住む日経新聞購読者に郵送される隔月発行の非売品書籍
単行本・非売品08.28無料送付日本経済新聞社【エッセイ】※同号の特集が「言葉の教室」で、その中に「心がざわめく、詩の言葉」と題したコーナーあり。 7名の著名人が各々に好きな詩を選んで解説評論するというもの。佐野元春は松澤宥(まつざわ ゆたか 1922-2006)の「踊り」を取り上げる。テキストのみ。カラー3ページ (PP.5-7)
中日新聞・朝刊新聞・東海地方ブロック紙09.051部売り130円中日新聞社【インタビュー】MUNEHARU!!! (2015 September vol.33) Special Interview 佐野元春「今夜のショーが素晴らしいものになりますように」 企画・制作/中日新聞広告局。 撮影者不明の撮り下ろし1点あり。広告特集面 カラー約1/3ページ
中国新聞・朝刊新聞・中国地方ブロック紙09.191部売り140円中国新聞社【インタビュー】「デビュー35周年 止まらぬ情熱 佐野元春が新アルバム」 聞き手:石川昌義。 撮影者不明の撮り下ろし1点あり。芸能面 581字
FLYING POSTMAN PRESS 福岡版」2015年10月号フリーペーパー・月刊09.20無料編集:フライングポストマン編集部 / 福岡版発行:株式会社 NEIGHBOR SYNC【インタビュー】『まさに現代のマスターピース。 35周年を迎え佐野元春が放つ新たなロックの名盤。』
「シティ情報ふくおか」2015年10月号 第766号
※福岡市周辺のコンビニ・書店で販売
タウン情報誌・月刊09.20390円株式会社シティ情報ふくおか【インタビュー】
読売新聞 東京本社版・夕刊新聞・一般紙10.011部売り50円読売新聞社【インタビュー】『佐野元春 新作「Blood Moon」 混迷 正確にスケッチ』 聞き手:清川仁、写真(白黒):高樹涼子。 10月5日にウェブでも公開(カラー)。また、10月24日付の英字新聞「The Japan News」にも英文で再掲された。1,030字
「Rolling Stone」 日本版 2015年11月号男性向け情報誌・月刊10.10(657)
710円
発行:パワートゥザピープル / 発売:セブン&アイ出版【ライブレポート】9.16, 2015 ROPPONGI EX THEATER LIVE REPORT「THE ROCK FACTORY "SESSIONS" MOTOHARU SANO × LOVE PSYCHEDELICO」Text by Yusuke Matsuyama, Photographs by Kazuhiko Tawaraカラー4ページ (PP.82-85)
「読売家庭版」2015年11月号
※読売新聞契約者のうち希望者に集金時に無料配布
非売品小冊子・月刊10.20頃無料読売新聞社【表紙】表紙にイラストで登場。中身にインタビューなどは無いが、2014年から表紙を担当するイラストレーターの南暁子の解説があり、ウェブにも掲載されている。表紙
「スタイルアサヒ」2015年11月号
※朝日新聞契約者のうち希望者に集金時に無料配布
非売品小冊子・月刊10.20頃無料朝日新聞社【インタビュー】「"現在進行形のレジェンド" 佐野元春がデビュー35周年のアニバーサリーライブ」 文/石井誠、撮影/藤田晃史カラー1ページ (P.27)
河北新報・朝刊新聞・東北地方ブロック紙10.231部売り130円河北新報社【インタビュー】『デビュー35周年 新アルバム/佐野元春/時代の不安定感 反映/来年2月 仙台公演/「クラシックな曲も再現」』 ※撮影者不明の白黒写真1点あり789字
「TJ Hiroshima」2015年11月号
※広島市周辺のコンビニ・書店で販売
タウン情報誌・月刊10.25(463)
500円
アドプレックス
北海道新聞・朝刊新聞・地方紙10.281部売り130円北海道新聞社【インタビュー】「広がる定額配信サービス*音楽との出会い 時代と変容」 聞き手:渡部淳/大原智也 ※日本でも定額配信サービスが続々と始まっていることについてリスナーやミュージシャンの思いを取材してまとめたもの。ミュージシャン側として佐野元春とシミズコウヘイ(カラスは真っ白)とオカモトショウ(OKAMOTO'S)が登場。各々カラー写真1点掲載。文化面 2,960字
「Rolling Stone」 日本版 2015年12月号男性向け情報誌・月刊11.10(657)
710円
発行:パワートゥザピープル / 発売:セブン&アイ出版【対談】「運命の交差 ─ 佐野元春 × LOVE PSYCHEDELICO」Interview by Joe Yokomizo, Text by Asami Okishima, Photographs by Naoki Ishizaka, Hair & Make-Up by Kiyomi Yoshikawa [El mago] (Motoharu Sano) / Kenichi Yaguchi (LOVE PSYCHEDELICO)カラー4ページ (PP.70-73)
朝日新聞 大阪本社版・夕刊新聞・一般紙11.121部売り50円朝日新聞社【インタビュー】「佐野元春、言葉の力を信じて 35周年、来月からツアー」聞き手:山下奈緒子、撮影者不明のカラー写真1点掲載芸能欄 744字
「TJカゴシマ」 2015年12月号
※鹿児島市周辺のコンビニ・書店で販売
タウン情報誌・月刊11.19350円斯文堂【インタビュー】
「LEAP」 2015年12月号
※鹿児島市周辺のコンビニ・書店で販売
タウン情報誌・月刊11.20(370)
400円
LEAP出版
「TBSラジオPRESS」 2015年12月-1月号 ※都営地下鉄駅構内や首都圏のイトーヨーカドーで配布フリーマガジン・隔月刊12.01無料【インタビュー】巻頭特集「SOUND AVENUE 905」 佐野元春/鈴木慶一/小西康陽インタビュー。 ウェブにFlash版あり。カラー4ページ (PP.2-5)
「Kappo 仙台闊歩」 2016年1月号 vol.79タウン情報誌・隔月刊12.05700円株式会社プレスアート【インタビュー】
「私たちが熱狂した 80年代ジャパニーズロック」
ISBN:9784777815937
単行本12.14(1,200)
1,296円
辰巳出版第2章「EPICソニー全盛Jロックメジャーの系譜」内、「考察/ロックンローラー佐野元春の個性」 文・栗本斉 ※佐野元春がバックバンド「The HEARTLAND」とともに成長したという記事。 佐野元春のコメントなどは無し。白黒4ページ (PP.65-68)
中日新聞・夕刊新聞・中部地方ブロック紙12.151部売り50円中日新聞社コラム『エンタメモ「言葉の力」』 文・山崎美穂 ※佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA「35周年アニバーサリー・ツアー」名古屋公演のライブレポート。 佐野元春のコメントなどは無し。文化芸能面 689字
朝日新聞 別冊「be」新聞・一般紙
※朝刊に付属する形で土日に発行
12.191部売り130円朝日新聞社【インタビュー】※12月24日発売の「GOETHE」2016年1月号に掲載されるインタビュー記事の一部を掲載。
南日本新聞・朝刊新聞・地方紙12.201部売り133円南日本新聞社【インタビュー】「最新から80年代名曲まで/佐野元春が鹿児島公演=来年2月、鹿児島市民文化ホール」 聞き手・清水優紀エンタメ面 453字
「GOETHE(ゲーテ)」 Feb. 2016男性向け情報誌・月刊12.24800円幻冬舎【インタビュー】「心に響く音楽との出会いを求めて」 Text=神舘和典、Photograph=川口賢典。※Bose社のインナーイヤータイプのノイズキャンセリング・ヘッドホン「QuietComfort 20」とのタイアップ記事。 Kindle版は700円。カラー2ページ (PP.112-113)
「Agora(アゴラ)」 2016年1月号
※JALカード上級会員に無料郵送
会員誌・月刊(2月と9月は発行せず)12.27無料

ラジオ

放送局名「番組名」 (放送時間) DJ放送日備考
InterFM(@東京・横浜・名古屋)「佐野元春 35th Anniversary Special Mix」 (単発22:00-23:00) DJ:野村雅夫01.03(土)『佐野元春のデビュー35周年を記念して、DJ野村雅夫が入魂の60分NON-STOP MIXをセレクトします。』(番組ホームページより抜粋) 佐野元春の出演は無し。再放送:01.19(月) 25:00-26:00
地方AM局28局(別掲参照)「亀渕昭信のお宝POPS」 (放送時間は別掲)01.15(木)〜【ゲスト出演】2週連続のゲスト出演。番組ブログに1月中だけツーショット写真が掲載される。
FM COCOLO(@大阪)「Prankster's Night」 (毎週日24:00-25:00) マンスリーDJ:伊藤銀次01.25(日)「伊藤銀次、語る!」と題した4回シリーズの最終回。テーマは「沢田研二と佐野元春を繋ぐミッシングリンク」。佐野元春の出演は無し。
FM802(@大阪)「SUPER J-HITS RADIO」(毎週日曜日 19:00-21:00) DJ:加藤美樹03.15(日)【収録コメント】月イチ企画「番組20周年スペシャルインタビュー」第10弾 フルタイムスタジオゲスト:Dr.kyOn ※佐橋佳幸/佐野元春/仲井戸麗市が収録のコメントメッセージを寄せる
InterFM(@東京・横浜・名古屋)「Are You Ready to ROCK」 (毎週月21:00-22:00)DJ:山中さわお04.13(月)山中さわおが尊敬するロックスターを1組ピックアップするコーナー「LEGEND OF ROCK」の第2回で佐野元春を取り上げ「Sugar Time」をオンエア。 佐野のコメント等は無し。
J-WAVE(@東京)「ACOUSTIC COUNTY」 (毎週月-木14:00-16:15) ナビゲーター:坂倉アコ06.11(木)【収録コメント】『アーティストが日替わりで登場し、自身の音楽の根幹を成すアーティストを熱く語り、選曲するMUSIC TREE。最終日は佐野元春が自らの音楽のルーツを語ります。』 録音での出演でランディ・ニューマンについての一人語り。コメント部分は約3分半。
FM COCOLO(@大阪)各生放送番組7月中佐野元春が7月のマンスリーアーティストに選出されて、各生放送の番組のエンディングで「境界線」がオンエアされる。「境界線」以外の佐野元春ナンバーも毎日オンエア。同月22日発売のアルバム「Blood Moon」からラジオ初の新曲もたくさん掛かる。
FM COCOLO(@大阪)「J-POP LEGEND FORUM」 (毎週月21:00-22:00) DJ:田家秀樹07.06(月), 07.13(月), 07.20(月), 07.27(月)【ゲスト出演】1ヶ月ごとに1組のアーティストをフィーチャーする番組で、7月は佐野元春の特集。第1週ゲスト:深沼元昭、第2週ゲスト:大井"スパム"洋輔、第3週ゲスト:渡辺省二郎、第4週ゲスト:佐野元春。Twitter及びFM COCOLO サイトに記念写真あり。
J-WAVE(@東京)「SAPPORO BEER OTOAJITO」 (毎週土18:00-18:54) ナビゲーター: クリス・ペプラー07.18(土)【ゲスト出演】7月15日に行われた公開収録イベントの模様を放送。 番組ホームページに番組中でオンエアされた楽曲の情報あり。 番組のブログ「裏AJITO」に収録中の佐野元春の写真あり。
RADIO BERRY・エフエム栃木「BERRY POP CLUB」 (毎週日18:00-18:30)07.19(日)【収録コメント】佐野元春特集。パーソナリティは渡辺裕介。佐野元春の収録コメントを挟みつつ「Blood Moon」から数曲オンエア。
ZIP-FM(@愛知)「SMILE HEART BEAT」 (毎週月-木14:00-17:00) Music Navigator: MISATO07.21(火)【生出演】16:15頃から「境界線」1曲を含めて約15分の出演。佐野のFacebookに番組出演中の写真あり。
MBSラジオ・毎日放送(AM放送@大阪)「Till Dawn MUSIC」 (毎週月-木26:00-28:55,金26:00-28:35)07.21(火)「朝が来るまで“楽しき”RADIO~2015年の佐野元春入門」 MC:上泉雄一アナウンサー [01]悲しきレイディオ [02]彼女はデリケート(Single Version) [03]アンジェリーナ [04]ガラスのジェネレーション [05]さよならベイブ [06]スウィート16 [07]Young Forever [08]水上バスに乗って [09]バック・トゥ・ザ・ストリート [10]サムデイ [11]情けない週末 [12]ダウンタウンボーイ (original ver.) [13]ワイルド・ハーツ - 冒険者たち [14]JUJU [15]ロックンロール・ナイト [16]バルセロナの夜 [17]ヤングブラッズ(7'シングルバージョン) [18]Tonight (Special Extended Club Mix) [19]グッドタイムズ&バッドタイムズ [20]君をさがしている (朝が来るまで) (H.K.B. session) [21]境界線 [22]警告どおり 計画どおり [23]国のための準備 [24]Shame-君を汚したのは誰 [25]キャビアとキャピタリズム [26]優しい闇 [27]メッセージ [28]希望 [29]月と専制君主 [30]レインボー・イン・マイ・ソウル('99 mix and edit version) [31]誰かが君のドアを叩いている [32]Rain Girl [33]La Vita é Bella [34]ジャスミンガール [35]ラジオ・デイズ [36]約束の橋(7'シングルバージョン) [37]東京スカイライン [38]New Age
FM COCOLO(@大阪)「HIRO T'S AMUSIC MORNING」 (毎週月-木6:00-11:00) DJ:ヒロ寺平07.22(水)【生出演】10:20頃登場。
FM COCOLO(@大阪)「PACIFIC OASIS」 (毎週月-木11:00-14:00) DJ:KAMASAMI KONG/小谷真美子07.22(水)【生出演】12:30頃から約40分の出演。Twitterに記念写真あり。
FM COCOLO(@大阪)「AFTERNOON DELIGHT」 (毎週月-木14:00-17:00) DJ:MEME07.22(水)【生出演】4:28頃から約20分の出演。
FM COCOLO(@大阪)「MARK’E MUSIC MODE」 (毎週月-木17:00-20:00) DJ:マーキー07.22(水)【公開生放送】タワーレコード梅田大阪マルビル店のサテライトスタジオからの公開生放送。18:15頃から約25分の出演。佐野のFacebookに、急遽タワレコ店内に立ち寄った姿や、番組出演中の様子のスナップ写真あり。
NHK-FM「ミュージックプラザ」 (毎週月-木16:00-17:20) 水曜担当DJ:鈴木万由香07.22(水)佐野元春特集。 ♪「境界線」「紅い月」「新世界の夜」「誰かの神」「空港待合室」「東京スカイライン」「君がいなくちゃ」「悲しきレイディオ」「ヤァ!ソウルボーイ」「トーキョー・シック」「夜空の果てまで」「コヨーテ、海へ」
MBSラジオ・毎日放送(AM放送@大阪)「上泉雄一のええなぁ!」 (毎週月-金曜 15:30-18:00 パーソナリティー:上泉雄一アナ + 木曜担当:なるみ/大吉洋平アナ)07.23(木)【生出演】15:50頃から約20分の出演。
bayfm(@千葉)「J-Pop Gold」 (毎週木19:00-20:52) DJ:門脇知子07.23(木)【ゲスト出演】19:37頃から約1時間の出演。 番組ホームページに記念写真あり。
東海ラジオ(AM放送@愛知)「一週間のごぶサタデー」 (毎週土10:00-12:45) パーソナリティ:小島一宏/青山紀子07.25(土)【ゲスト出演】11:12頃からのゲストコーナー「こじまんち」に登場。約12分の出演。番組ホームページに記念写真あり。
JFN系列37局ネット
※フルネットからエフエム群馬を除く
「SATURDAY MUSIC LAB.」 (毎週土14:00-14:55) DJ:小宮山雄飛/仲川希良07.25(土)【公開生放送】番組ホームページのゲストレポートのページに記念写真あり。佐野のFacebookにも。「TOKYO FM +」のサイトでは放送内容をテキスト化したレポートを掲載。
bayfm(@千葉)「Mind of Music ~今だから音楽~」 (毎週日9:30-11:16) DJ:田家秀樹/真木ひろか07.26(日)佐野元春特集。
静岡エフエム放送・K-mix「RADIOKIDS」 (毎週月-木15:08-18:55) DJ:Roni07.27(月), 07.28(火), 07.29(水), 07.30(木)【収録コメント】毎週1枚のアルバムを特集する「Heart Beat TRAX」(16:21-16:30頃)のコーナーで「Blood Moon」を特集。毎日、佐野元春のコメントとアルバムから1曲をオンエア。
FM802(@大阪)「TACTY IN THE MORNING」(毎週月-木7:00-11:00) DJ:大抜卓人07.29(水)【ゲスト出演】8:30頃から2曲含めて約16分の出演。
J-WAVE(@東京)「ACOUSTIC COUNTY」 (毎週月-木14:00-16:15) ナビゲーター:坂倉アコ07.30(木)【ゲスト出演】15:47頃から約15分の出演(途中1曲「境界線」を含む)。
東海ラジオ(AM放送@愛知)「原光隆 はやバン!」 (毎週月-金6:00-7:00)07.31(金)【ゲスト出演】6:06頃から約16分の出演(最後1曲「境界線」を含む)。
FM802(@大阪)「Ciao! MUSICA」 (毎週金12:00-18:00) DJ:野村雅夫07.31(金)【ゲスト出演】17:00からのゲストコーナー「Ciao! Festa」に登場。♪「本当の彼女」「キャビアとキャピタリズム」の2曲を含めて約25分の出演。
NHK-FM「夜のプレイリスト」 (毎週月-金24:00-24:50 = 火-金未明0:00-0:50) 2015年7月第5週DJ:笹公人07.31(金)佐野元春「Heart Beat」特集 ♪「ガラスのジェネレーション」「ナイト・ライフ」「バルセロナの夜」「彼女」「悲しきレイディオ」「グッド・ヴァイブレーション」「ハート・ビート(小さなカサノバと街のナイチンゲールのバラッド)」 ※佐野元春の出演は無し
InterFM(@東京・横浜・名古屋)「THE DAVE FROMM SHOW」 (毎週月-金18:00-20:00)DJ: Dave Fromm/ジョー横溝07.31(金)【生出演】DJ:Daveがお休みということで、ジョー横溝と佐野元春の二人で番組進行。
JAL国際線 機内サービス「Sound Choice 1 (ch.41)」8月中佐野元春の新作アルバム「Blood Moon」の紹介と試聴。
エフエム愛知「矢野きよ実の音楽無礼講」 (毎週土11:30-11:55)08.01(土)【ゲスト出演】番組ホームページに記念写真あり。
InterFM(@東京・横浜・名古屋)「ALTERNATIVE NATION」 (毎週土17:00-20:00)DJ:野村雅夫08.01(土)【生出演】7:10頃から♪「キャビアとキャピタリズム」「誰かの神」「空港待合室」の3曲を含めて約33分の出演。番組Twitterにマイクに向かう佐野元春の写真野村雅夫とのツーショット写真あり。※番組ホームページにも同じ写真あり。
CBCラジオ・中部日本放送(AM放送@愛知)「小堀勝啓の新栄トークジャンボリー」 (毎週日7:00-11:55)08.02(日)【ゲスト出演】8:16頃から♪「紅い月」「境界線」の2曲を含めて約25分の出演。番組ホームページに記念写真あり。
FM802(@大阪)「SUPER J-HITS RADIO」(毎週日曜日 19:00-21:00) DJ:加藤美樹08.02(日)【ゲスト出演】8:00頃から♪「私の太陽」「新世界の夜」の2曲を含めて約26分の出演。
NRN系列7局ネット「中村こずえのみんなでニッポン日曜日!」 (毎週日13:00-14:55) リポーター:あさがみちこ08.09(日)【生出演】14:15頃からのゲストコーナー「サンデーズ・カフェ」に登場。 番組HPに佐野が着用していたという帽子と眼鏡の写真あり。 【ネット局】ABS秋田放送/YBS山梨放送/KNB北日本放送(富山)/FBC福井放送/ぎふチャン/BSS山陰放送/RKC高知放送。 【注意】IBS茨城放送とKRY山口放送は飛び降りのためゲスト出演時間帯が放送されない。同番組はニッポン放送が制作する生放送番組だが裏送り番組につきニッポン放送では放送されない。
USEN[A-54] アーティスト特集 WEEKLY J-POP 佐野元春 (24時間)08.10(月)〜08.16(日)3時間番組(シャッフル放送)を終日リピート。
エフエム東京・TOKYO FM「LOVE CONNECTION」 (毎週月-金11:30-13:00) Personality:LOVE08.10(月)【収録コメント】ゲストがお勧めの曲を紹介する「Starbucks Coffee MUSIC BARISTA」のコーナーに登場。 ドライブミュージックをテーマに佐野が紹介した曲は「Hey Nineteen (Steely Dan)」「恋は流星 (吉田美奈子)」「No Matter What (Badfinger)」「境界線 (佐野元春)」。 この4曲を含めて12:27頃から約17分の出演。TOKYO FMのサイトにレポートページあり。
ニッポン放送(AM放送@東京)「大谷ノブ彦 キキマス!」 (毎週月-木13:00-16:00) パーソナリティ:大谷ノブ彦(ダイノジ)、アシスタント:東島衣里アナウンサー08.10(月)【生出演】13時台は大谷ノブ彦による予習企画「佐野元春伝説」。14時台に佐野元春登場。番組内容の一部をポッドキャストで配信。ニュースサイト「TOKYO HEADLINE」に大谷ノブ彦の放送後記あり。
TOKYO FM 他JFN系列38局フルネット「ディアフレンズ」 (毎週月-木11:00-11:30) パーソナリティ:土岐麻子08.12(水)【ゲスト出演】坂本美雨が産休中につき、9月まで土岐麻子が番組パーソナリティを務める。 ♪「境界線」「バイ・ザ・シー」「東京スカイライン」。番組サイトにレポートあり。
HBC北海道放送 (AM放送)「カーナビラジオ 午後一番!」 (毎週月-金12:00-16:00) パーソナリティ:YASU/山根あゆみ/大森俊治08.13(木)【生出演】13:07頃から約15分の出演(最後1曲「優しい闇」を含む)。 未確認だが音声無しのUSTREAM中継もあった模様。
STVラジオ・札幌テレビ放送 (AM放送)「吉川のりおの 聞いてナットク のりのりラジオ」 (毎週月-金15:00-17:45) パーソナリティ:吉川のりお/渋谷もなみ/牧やすまさ08.13(木)【生出演】15:40頃から約13分の出演(アナログ盤からの「優しい闇」を含む)。
FM NORTH WAVE (@北海道)「afterglow & beyond」 (毎週金17:00-20:00) DJ:潮音08.14(金)【ゲスト出演】18:13頃から♪「境界線」「誰かの神」「優しい闇」3曲を含めて約25分の出演。 オンエア前日に収録したものとのこと。
ZIP-FM(@愛知)「BEAUTIFUL LOUNGE」 (毎週土19:00-23:00) Music Navigator:AZUSA08.15(土)【ゲスト出演】21:15〜21:30頃の「AZ LOUNGE」のコーナーに登場。♪「バイ・ザ・シー」
InterFM(@東京・横浜)InterFM Music Mix」 (毎週日22:00-23:00)08.16(日)【ゲストDJ】通常番組を変更して毎週火曜23時からの番組「ONGAKU NOMAD」の特別編「佐野元春 NOMAD」をオンエア。 DJ:佐野元春/鹿野淳
エフエム北海道・AIR-G'「brilliant days」 (毎週月-木8:30-11:00) DJ:北川久仁子08.17(月)【ゲスト出演】10:17頃から♪「Loving You Is Sweeter Than Even (Susan Tedeschi)」「境界線」「優しい闇」3曲を含めて約21分の出演。
MBSラジオ・毎日放送(AM放送@大阪)「Till Dawn MUSIC」 (毎週月-木26:00-28:55,金26:00-28:35)08.17(月)【収録コメント】『全曲かけます!佐野元春&THE COYOTE BAND「BLOOD MOON」〜まだまだ朝が来るまで佐野元春〜そしてこの素晴らしい大阪の夜!』 [01]境界線 [02]ガラスのジェネレーション [03]ハッピーマン [04]スターダスト・キッズ [05]スウィート16 [06]ダウンタウンボーイ [07]優しい闇 [08]バイ・ザ・シー [09]誰かの神 [10]空港待合室 [11]トゥナイト [12]バルセロナの夜 [13]新世界の夜 [14]月と専制君主 [15]ロックンロール・ナイト(The Golden Ring) [16]悲しきレイディオ(The Golden Ring) [17]ソー・ヤング [18]楽しい時 [19]紅い月 [20]私の太陽 [21]いつかの君 [22]キャビアとキャピタリズム [23]アンジェリーナ [24]本当の彼女 [25]彼女 [26]彼女はデリケート [27]さよならベイブ [28]サムデイ [29]虹をつかむ人 [30]レインボー・イン・マイ・ソウル [31]東京スカイライン
CBCラジオ・中部日本放送(AM放送@愛知)「ザ・土曜天国」 (毎週土12:30-16:45) パーソナリティ:平野裕加里/沢朋宏アナウンサー08.22(土)【ゲスト出演】14:22頃から約18分の出演(♪「優しい闇」を含む)。
RCCラジオ・中国放送 (AM放送@広島)「おひるーな」 (毎週月-金 12:00-14:55) 月-木担当DJ:おだしずえ08.25(火)【生出演】
広島エフエム放送・HFM「5COLORS」 (毎週月-木17:00-19:50) DJ:貢藤十六/井上恵津子08.25(火)【生出演】
ラブエフエム国際放送・LOVE FM (@福岡)「Top of the Morning」 (毎週月-金7:00-11:00) 月-木担当DJ:Anna08.26(水)【公開生放送】
cross fm(@福岡)「SWITCH!!」 (毎週月-木10:00-14:00) 水曜担当DJ:小坂真琴/栗田善太郎08.26(水)【公開生放送】
KBCラジオ・九州朝日放送(@福岡)「PAO~N(パオ~ン )」 (毎週月-金13:00-16:00) メーンパーソナリティ:沢田幸二08.26(水)【生出演】
エフエム福岡・FM FUKUOKA「Hyper Night Program GOW!!」 (毎週月-木16:00-20:00) 水曜担当DJ:黒川修(バンバンバザール)/田代奈々08.26(水)【公開生放送】
KBCラジオ・九州朝日放送(@福岡)「TOGGY's AHEAD!」 (毎週月-金16:00-17:55 ※月は18:30まで)09.02(水), 03(木)【ゲスト出演】
RADIO BERRY・エフエム栃木「ベリテンアフターショー」 (単発20:00-21:55)09.06(日)
広島エフエム放送・HFM「DAYS!」 (毎週月-木13:30-16:39) 月・火担当DJ:近藤志保/タケモトコウジ09.08(火)【ゲスト出演】
  • エフエム山口
  • V-Air・エフエム山陰(@鳥取/島根)
「News Delivery -Evening Edition-」 (毎週月-木21:00-22:00) 月・火曜担当パーソナリティ:渡名喜織恵09.08(火)18:30頃からの「SALVAGE MUSIC」のコーナーでアルバム「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」の特集。♪「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」「約束の橋」「新しい航海」「ジュジュ」「ふたりの理由」。 佐野元春のコメント等はなし。 ※この番組はJFNの制作で東京のスタジオからの生放送
FM802(@大阪)「SUPER J-HITS RADIO」(毎週日曜日 19:00-21:00) DJ:加藤美樹09.13(日)【収録コメント】月イチ企画「番組20周年スペシャルインタビュー」第12弾 フルタイムスタジオゲスト:山本拓夫 ※小林武史/佐野元春/福山雅治が収録のコメントメッセージを寄せる
広島エフエム放送・HFM「大窪シゲキの9ジラジ」 (毎週月-木21:00-22:00)09.15(火)【ゲスト出演】
エフエム青森・AFB「ラジMOTT!」 (毎週月-木16:55-18:55,金16:00-18:55 )09.16(水)【収録コメント】18:40頃からコメントが約2分+♪「境界線」。
ZIP-FM(@愛知)「SUNDAY NIGHT SPECIAL」 (毎週日20:00-21:00)09.20(日)【ゲスト出演】『SUNDAY NIGHT SPECIAL「佐野元春 ~ON THE RADIO~」』 Music Navigator:堀江美穂。 佐野元春自身によるアルバム「Blood Moon」全曲解説。
TBSラジオ(AM放送@東京)SOUND AVENUE 905」 (毎週火-金21:00-22:00)09.29(火)【レギュラー】 9月29日(火)からスタートする新番組の火曜日のDJを佐野元春が担当。 その第1回。 プロ野球のオフシーズン番組につき2016年3月までの期間限定。 水曜日のDJは鈴木慶一、木曜日のDJは小西康陽、金曜日のDJは週替わり。
エフエム福岡・FM FUKUOKA「ソースコ presents 福岡 X」 (ふくおか・かける 毎週土25:30-25:55) DJ:椎葉ユウ10.03(土)【ゲスト出演】10月7日に更新された番組ブログに椎葉ユウの感想あり。
RADIO BERRY・エフエム栃木JA KYOSAI Presents ベリテンライブ2015 Special 総集編」 (単発19:00-19:55)10.04(日)
  • 「ベリテンライブ2015 Special」のステージの模様を3週にわたってオンエア。 パーソナリティ:佐藤 big ear 望
  • 09/20 => サンドクロック (Opening Act) / polly (Opening Act) / Czecho No Republic / go!go!vanillas / パスピエ
  • 09/27 => Limited Sazabys / SPECIAL OTHERS / 奥田民生+浜崎貴司+手島いさむ
  • 10/04 => THE BAWDIES / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ ※佐野元春はステージ終了直後のインタビューのみ
エフエム仙台・Date fm「J-SIDE STATION」 (毎週月-木13:30-15:50) 月・火担当DJ:名護ひと美アナウンサー10.05(月)【公開生放送】Date fmの本社が入居するビルの1階にあるスタジオ「MAST東北 STUDIO」からの公開生放送。 佐野元春のFacebookに出演中の佐野の写真あり
MBCラジオ・南日本放送 (AM放送@鹿児島)城山スズメ」 (毎週月-金13:30-16:40) MC:采野吉洋/笹田美樹10.12(火)【生出演】14:05頃から約30分の出演。 ♪「ガラスのジェネレーション2006」「悲しきRADIO」「約束の橋」「境界線」「ジャスミンガール」「VISITORS」「バルセロナの夜」「優しい闇」「New Age」
μFM(ミューエフエム)・エフエム鹿児島特別番組「JR九州 presents エフエム鹿児島の日 Special 2015」 (単発10:00-19:00) 番組ナビゲート&レポーター:ありまゆき/DJ.POCKY/前畠俊二/田上真澄10.12(火)【生出演】17:44頃から約10分の出演。当日はAMU広場(公開)と本社スタジオからの2元放送だったが、佐野はスタジオに登場。佐野出演時のスタジオ担当DJはDJ.POCKY/田上真澄。
エフエム・クマモト (@熊本)FMK RADIO BUSTERS」 (毎週月-木16:00-18:55) 月火担当DJ:かなぶんや10.12(火)【ゲスト出演】18:23頃から約30分の出演。番組ブログにかなぶんやの感想あり。
TBCラジオ・東北放送 (AM放送@宮城)「ロジャー大葉のラジオな気分」 (毎週月-金13:00-16:00) パーソナリティ:ロジャー大葉 他10.13(火)【ゲスト出演】14:14頃から約15分、ゲストコーナー「おしゃべり工房」に登場。
エフエム東京・TOKYO FM「風をあつめて~風街レジェンド2015 LIVE at 東京国際フォーラム ホールA」 (単発19:00-19:55)10.25(日)【ライブ音源】♪「夏なんです」はっぴいえんど、「はいからはくち」はっぴいえんど+佐野元春、「木綿のハンカチーフ」太田裕美、「ハイスクール ララバイ」イモ欽トリオ、「 赤道小町 ドキッ」山下久美子、「誘惑光線・クラッ!」早見優、「君は天然色」伊藤銀次+杉真理、「A面で恋をして」ナイアガラトライアングル(伊藤銀次+佐野元春+杉真理)、「Tシャツに口紅」鈴木雅之、「スローなブギにしてくれ」南佳孝、「ガラスの林檎」吉田美奈子、「卒業」斉藤由貴、「やさしさ紙芝居」水谷豊、「風をあつめて」はっぴいえんど+出演者全員
エフエム仙台・Date fm「Bright☆A」 (ブライタ 不定期 日曜19:00-19:55)11.15(日)【ゲスト出演】毎回1組のアーティストをゲストに招く不定期特別番組の佐野元春編。DJ:後藤心平。
広島エフエム放送・HFM「ライブトライブ」 (毎週金20:00-20:55) DJ:キムラミチタ12.18(金)佐野元春特集 + チケット先行予約。 ♪「アンジェリーナ」「Young Bloods」「約束の橋」「優しい闇」「境界線」「SOMEDAY」「ニューエイジ」「Christmas time in blue」

テレビ

放送局名「番組名」 (放送時間)放送日備考
日本テレビ系列「PON!」 (毎週月-金10:25-11:30)04.17(金), 05.22(金), 07.20(月)
  • 番組内のショートアニメ「ママモコモテレビ」でパパ役のレイザーラモンRGが佐野元春のモノマネを演じる。佐野元春本人の出演は無し。
  • 04.17『【パパからママへ、ありがとう】佐野元春でありがとう』
  • 05.22『【パパからママへ】佐野元春で、ごめんなさい』
  • 07.20『【ママとパパの仲良くケンカしよう!】「あの水着はないわ」』
  • 2016.01.20『ママが同窓会に行っちゃった2』
フジテレビ系列「ミュージックフェア」 (毎週土18:00-18:30 司会:恵俊彰/鈴木杏樹)06.27(日)Superflyワンマンライブスペシャル。5月27日(水)にリリースされたSuperflyのアルバム「WHITE」の初回限定盤に収録された佐野元春の1996年の曲「楽しい時 -Fun Time」のカバーがスタジオで演奏される。佐野の出演は無し。
NHK総合「クローズアップ現代」 (毎週月-木19:30-19:56 司会:国谷裕子)07.07(火)副題「あなたは音楽をどう愛す?~新・配信ビジネスの衝撃~」ゲスト:ピーター・バラカン ※佐野元春は定額ストリーミング配信サービスに関するテイラー・スウィフトのSNS上での発言について感想を求められる。VTRで約37秒の出演。番組ホームページに テキストあり。
スペースシャワーTV
※衛星放送・CATV他
「PREMIUM INTERVIEW ―佐野元春―」 (単発19:00-19:30)07.19(日)対談相手:山中さわお(the pillows)【リピート1】2015.07.29 wed 20:30-21:00 【リピート2】2015.08.30 sun 22:00-22:30
スペースシャワーTV
※衛星放送・CATV他
「佐野元春 MUSIC VIDEO SPECIAL」 (単発19:30-20:30)07.19(日)[01]SOMEDAY [02]ワイルド・ハーツ - 冒険者たち [03]約束の橋 [04]楽しい時 [05]君が気高い孤独なら [06]ラ・ヴィータ・エ・ベラ [07]ポーラスタア [08]君と一緒でなけりゃ [09]境界線 [10]紅い月 [11]優しい闇
BS朝日「ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~」 (毎週土日18:00-18:54)08.01(土)インタビュアー:舘野晴彦(雑誌「GOETHE」編集長)、ロケ地:浅草むぎとろ 別館
MBS毎日放送(@大阪)「MBS SONG TOWN」 (毎週木24:59-25:44) レギュラー出演者:角淳一/三戸なつめ/福島暢啓アナウンサー、ゲスト:佐野元春/月亭方正08.06(木)「人生で最も心に刺さったアノ名曲のフレーズ」をテーマに他出演者たちとバラエティトークを繰り広げる。フルタイム出演。
テレビ朝日系列 九州地方ブロックネット「ドォーモ」 (毎週月-木24:15-25:10) レギュラー出演者:中島浩二/斉藤ふみ/コンバット満/長岡大雅 他08.31(月)
  • 『大物登場!!晩夏の「九州路地裏酒場」なんと佐野元春さんと中洲の良い酒&良いお店』※EPGの番組紹介より
  • ネット局:KBC九州朝日放送(制作局 福岡)・NCC長崎文化放送・KAB熊本朝日放送・OAB大分朝日放送・KKB鹿児島放送
NHK Eテレ「Eテレセレクション・お願い!編集長「佐野元春のザ・ソングライターズ~山口一郎」 (単発24:00-25:00)09.12(土)2010年9月に放送された山口一郎出演ぶん2回をまとめて再放送。
KBC九州朝日放送(@福岡)「V3」 (毎週金24:20-25:50)09.25(金)
BS朝日松本隆 風街レジェンド~松本隆 作詞活動45周年記念 オフィシャル・プロジェクト~ (単発21:00-23:00)11.23(月祝)
TBC東北放送(@宮城)「ウォッチン!みやぎ」 (毎週月-金7:20頃-8:00) メインMC:佐々木淳吾アナウンサー12.03(木)
NHK Eテレ「日曜美術館」 (毎週日9:00-10:00 【再】翌週日20:00-21:00)12.06(日)副題「アートの旅 みつけよう、美 秋編」、出演:佐野元春/小西真奈美 ※以下はEPGより『魅力的な旅人が、感性全開でアートの魅力を発見してゆく「アートの旅」。今回は、ミュージシャン・佐野元春さんと女優・小西真奈美さん。佐野さんは、鳥取で“UEDA−CHO”と呼ばれる独特のシュールな作風で知られる写真家・植田正治の魅力を探求。佐野さんのモノローグにご注目! 小西さんは京都で大好きなモネと対面。さらに、美術館を探検するうち、思いがけない出会いが…。喜び。不思議。二人の旅のドキュメント。』

インターネット

Webページタイトル公開日備考
渡辺シュンスケとは何者か? 佐野元春らも駆けつけた生誕40年記念ライブで見せた才能 - Real Sound|リアルサウンド02.03日本橋三井ホールで1月24日に行われた渡辺シュンスケのライブ「シンシュンシュンチャンショー2015」のレポート。サプライズゲストで出演した佐野の写真も掲載。取材・文/今井智子、写真/大出丈仁。
COMMENT | 映画『セッション』公式サイト03.20GAGA配給で4月17日(金)より全国ロードショー公開予定のアメリカ映画「セッション」の日本語公式サイトに佐野元春の推薦コメントが掲載されている。 3月20日の時点で各界著名人40名がコメントを寄せる中のひとつ。
03.27読売新聞社が制作した、自社の社員や販売員の仕事を追った13分20秒のドキュメンタリーミニムービー。BGMに佐野元春の書き下ろしで未発表の曲「境界線」が使用される。
伊藤銀次のPOP FILE RETURNS04.03第100回 『「佐野元春35周年」特集その1 ~第100回のゲストは佐野くんしかいない!編~』 パーソナリティ:伊藤銀次/能地祐子、ゲスト:佐野元春、52分25秒、期間限定配信4月30日まで。再配信:2016年12月22日〜28日。
伊藤銀次のPOP FILE RETURNS04.10第101回 『「佐野元春35周年」特集その2 ~「ガラジェネ」「サムデイ」誕生秘話編~』 パーソナリティ:伊藤銀次/能地祐子、ゲスト:佐野元春、51分15秒、期間限定配信5月7日まで。再配信:2016年12月22日〜28日。
キヤノン:EOS 8000D SPECIAL SITE | 連続Webドラマ「遠まわりしようよ、と少年が言った。」04.14キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 8000D」のプロモーションで制作された無料の連続ウェブドラマ。1話あたり約5分で全10話。4月14日に予告編、17日〜24日にかけて第1話から10話を順次公開。
Facebook 佐野元春(official)『境界線 佐野元春 2015年5月。国道329号線を走る。 北東沖縄の東側、辺…』 ]]05.08冒頭に大浦湾の写真を掲載し、佐野が米軍基地移設問題で揺れる辺野古を見るために沖縄県を訪れていることを報告。 含みを持たせたメッセージが物議を醸しコメント欄に賛否両論が寄せられる(6月27日現在、いいね!約7,700件/コメント約180件)。
「優しい闇」 - 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド(DaisyMusic Official) - YouTube05.09佐野がFacebookに投稿した沖縄基地問題に関するメッセージに大きな反響があったことを受けて、謝辞とともに新曲をフルレングスで無料公開。ただし映像は静止画。
「佐野元春が辺野古への基地移設を非難?Facebookの投稿に賛否 - ライブドアニュース」05.10佐野がFacebookに沖縄基地問題に関するメッセージを投稿したことを伝える記事。琉球新報と沖縄タイムスの2紙は佐野元春が沖縄基地問題について言及したという事実を(絶対に)客観的に伝えようとするものだったが、ライブドアニュースは「(佐野のメッセージは)基地移設に批判的なトーン」と予断を交えた内容になっている。
[6/2]【連載】牧野良幸のハイレゾ一本釣り! 佐野元春「COMPLICATION SHAKEDOWN」 - mora トピックス06.02ハイレゾ版「COMPLICATION SHAKEDOWN」のレビュー。佐野元春のコメント等はなし。
佐野元春&THE COYOTE BAND - BLOOD MOON06.127月22日発売のアルバム「Blood Moon」の特集ページ。ジャケット写真を初公開。110秒の予告動画で「紅い月」が少し聴ける(初お披露目)。
「紅い月」 - 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド(DaisyMusic Official) - YouTube07.02アルバム「Blood Moon」から「紅い月」のミュージック・クリップ、フルレングス版を先行公開。
「境界線」 - 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド(DaisyMusic Official) - YouTube07.12アルバム「Blood Moon」から「境界線」のミュージック・クリップ、フルレングス版を先行公開。
THE GROOVERS New Album Groovism SPECIAL SITE07.217月22日発売のTHE GROOVERSの最新アルバム「Groovism」の特設サイトにアーティスト13名がお祝いコメントを寄せる。佐藤タイジ/藤原基央/佐野元春/仲井戸"CHABO"麗市/SION/佐々木亮介/新山詩織/福原美穂/石橋凌/中川敬/ユウ(ex. GO! GO! 7188)/深沼元昭/ナガイケジョー。 ※7/21時点での掲載は11名。
Mikiki | 混迷する時代だからこそ求められていたロックの衝撃――佐野元春が新作『BLOOD MOON』から〈ロック音楽の本質〉まで語ったロング・インタヴュー | INTERVIEW | JAPAN07.22タワーレコードが運営する音楽レビューサイト「Mikiki」にて、アルバム「Blood Moon」の発売日に公開されたロングインタビュー。インタヴュー・文/ダイサク・ジョビン(西尾大作)。
佐野元春〈10/19(月)@松阪M'AXA 他〉 コメント映像 - TANK! the WEB 名古屋エリアのライブ、コンサート情報サイト08.02イベントプロモーター「サンデーフォーク」のサイトで公開された佐野元春による36秒のライブの告知コメント動画。
Mikiki | 佐野元春の衝撃的な新作『BLOOD MOON』を含めて、コヨーテ・バンド三部作を聴いて思ったこと(アルバム・レヴュー) | 変酋長見聞録 | JAPAN07.30ダイサク・ジョビン(西尾大作)によるコヨーテ三部作(「Coyote」「Zooey」「Blood Moon」)評。
今も抵抗し、叫び続ける佐野元春 奇跡の遅咲き組も 「アラ還」ミュージシャンの味わいを堪能せよ | JBpress(日本ビジネスプレス)08.2207.22に公開されたMikikiのインタビューに関連する番外編レビュー。テキスト:西尾大作。
松本隆「風街レジェンド2015」~作詞活動45周年記念オフィシャル・プロジェクト~08.22コンサート「風街レジェンド 2015」公式サイトに、松本隆へのお祝いメッセージを寄せる。佐野のコメントが掲載された日はコンサートの楽日。 佐野元春のFacebookにも掲載。
  • 08.26
  • 08.26
  • 08.24
  • 08.23
  • 08.22
  • 08.17
  • 08.16
  • 08.15
08.25発売の電子書籍「エンタメステーション 10月号」の佐野元春特集から掲載内容の一部を無料公開。
佐野元春の新作「BLOOD MOON」 が何故、傑作となったのか徹底的に解明する - 渋谷陽一の「社長はつらいよ」 (2015/08/27)| ブログ | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト08.278月1日に発行された「ROCKIN'ON JAPAN 9月号」にインタビュー記事が掲載されていることをお知らせする内容。渋谷陽一撮影による佐野元春の写真1点掲載。
Mikiki | 佐野元春 & THE COYOTE BAND、絶望と諦念の世界にある希望を鳴らすロックンロールな新作 | REVIEWS | JAPAN09.04タワーレコード本社の鈴木智彦によるアルバム「Blood Moon」レビュー。
ベリテンリポート | ベリテンライブ2015 | RADIO BERRY FM栃木09.06「ベリテンライブ2015 Special」の即日レポート。各出演者ごとにステージで演奏中の写真数点とステージ終了後の本人からのメッセージを掲載。
「優しい闇」 - 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド(DaisyMusic Official) - YouTube09.11アルバム「Blood Moon」から「優しい闇」のミュージック・クリップ、フルレングス版を公開。
第154回:2015年夏秋、充実の邦楽ベテラン・アーティスト10選 | DrillSpin Column(ドリルスピン・コラム)09.11佐野元春 & The Coyote Band/仲井戸"CHABO"麗市/矢野顕子/EPO/サンフジンズ/あがた森魚/Controversial Spark/W.C.カラス/井上陽水/大村憲司。以上10組のアーティストの新譜を小川真一がレビュー。佐野のコメント等はなし。
9/5(土)ライブレポート|Slow LIVE '15 in 池上本門寺(スローライブ ニセンジュウゴ イン イケガミホンモンジ)10.079月4~6日に東京都大田区の池上本門寺・野外特設ステージで開催されたライブイベント「Slow LIVE '15 in 池上本門寺」の公式サイトが公開した写真付きのライブレポート。佐野元春の写真4点掲載。写真の右上隅をクリックすると高画質の全画面モードに移行できる。文:平山雄一、写真:TEAM LIGHTSOME
【REPORT】11/1(SUN)豊洲野音CARNIVAL 2日目 | 豊洲野音CARNIVAL — InterFM897 開局記念11.02
デリコ、スキマ、フミヤ、元春ら豊洲野音で鳴らした2日間 - 音楽ナタリー11.04

前後年

2013年の番組出演や雑誌インタビュー2014年の番組出演や雑誌インタビュー2015年の番組出演や雑誌インタビュー2016年の番組出演や雑誌インタビュー2017年の番組出演や雑誌インタビュー

このページについて

このページの編集やその他の操作

このページの最終更新日

2017.07.21 Fri

hitoriPedia