2019年の番組出演や雑誌インタビュー

目次

雑誌・単行本・新聞

誌名種類・刊行頻度発売日(税抜)
税込価格
発行元【体裁】「見出し」 聞き手・撮影者掲載量(掲載ページ)
「ROCKIN'ON JAPAN」 2019年3月号音楽誌・月刊01.30(657)
710円
ロッキング・オン【写真掲載】 ※昨年末に千葉の幕張メッセで開催されたロックフェス「COUNTDOWN JAPAN 18/19」を特集した別冊の付録本が付いていて、そこにフェスに出演した全アーティストのステージ写真を掲載。カラー1/4ページ
電子書籍「Gentle music magazine」 Vol.47音楽誌・月刊01.31540円K-SWING【写真掲載】 ※佐橋佳幸とDr.kyOnによるユニット「Darjeeling」のロングインタビュー記事を掲載。1月23日発売の4thアルバム「8芯二葉~雪あかりBlend」の中の1曲「流浪中」に佐野元春がゲストボーカルで参加しており、スタジオレコーディングに臨む佐野の写真が数点掲載されている。カラー26ページ
「TOKYO VOICE」 Vol.7タブロイド判フリーペーパー・不定期03.01無料FRAGGER-10 inc.【インタビュー】『ミュージシャン・ソングライター/62歳・東京都』 Photographer / Mae Kosuke(前康輔), Edit & Text / Yamamoto Yuki(山本由樹). 日本全国約300ヶ所のアパレルショップ、セレクトショップ、カフェなどで無料配布。 配布開始と同時にウェブでも公開表紙+カラー6ページ
「SWITCH」 Vol.37 No.4
ISBN: 9784884185152
サブカル誌・月刊03.20(1,000)
1,080円
スイッチパブリッシング【インタビュー】『佐野元春[新たな音楽、新たな体験] ─ パーソナルリスニングの到達点』 PHOTOGRAPHY: GOTO TAKEHIRO, HAIR &MAKE UP: YOSHIKAWA KIYOMI, TEXT: SUGAWARA GO. ※SONYの新作イヤホンとのタイアップ記事。カラー4ページ
(PP.108-111)
日本経済新聞朝刊新聞・経済誌05.091部売り180円日本経済新聞社【写真掲載】夢に向かって挑戦する人達を応援する日本経済新聞社の「Dear Challengers」シリーズ全面広告に登場。 佐野元春が来年の2020年にデビュー40周年を迎えることを告知する内容。使用された写真は前康輔の撮影で、TOKYO VOICEで使われなかったものとのこと。 広告は無料のスマホ用アプリ「日経AR」と連動していて、アプリを使って広告をスキャンすると1週間限定で1分33秒の佐野のオリジナルメッセージ動画を見ることができた。1面全面広告
「音楽と人」 2019年7月号音楽誌・月刊06.05(694)
750円
音楽と人【写真掲載】 ※「ARABAKI ROCK FEST.19」のレポート記事の中に佐野の写真数点掲載。カラー8ページ
(P.)
「週刊現代」 2019年8月10日・17日号週刊誌08.05(463)
500円
講談社【写真掲載】「写真家・野村誠一の世界 第2部 ヒーローの時代」 ※撮影当時29歳の佐野元春の写真1点掲載カラー1/4ページ
(P.216)
文藝別冊「ウッドストック1969 ロックフェスの始まり、熱狂の終わり、50年目の真実」
ISBN: 9784309979816
単行本08.06(1,300)
1,404円
河出書房新社【対談】『再起し続けるストリートの精神』 佐野元春×室矢憲治、構成=丹野未雪白黒17ページ
(PP.)
「80年代音楽解体新書」
著:スージー鈴木
ISBN: 9784779171048
単行本08.20(1,600)
1,728円
彩流社
「平凡Special 僕らの80年代」
ISBN: 9784838753772
単行本09.11(1,000)
1,080円
マガジンハウス【インタビュー】『MOTOHARU SANO 3rdアルバムで一気にブレイク!! レジェンド溢れる佐野元春の'82年。』 photo:Henji Takehiro, interview:Suzie Suzuki(スージー鈴木)※1981年9月4日号に掲載されたという白黒写真2点を掲載。撮り下ろしは無し。スージー鈴木とは初めての対面。カラー4ページ
(PP.)
「STEPPIN' OUT!」2019年12月号 (Vol.10)
ISBN: 9784344953642
隔月刊誌10.04(980)
1,078円
  • 発行:ブラウンズブックス
  • 発売:幻冬舎
【インタビュー】撮影&対話 山崎二郎 ※写真16P(愛犬ゾーイと海辺にて)+テキスト14P(新作アルバム「或る秋の日」とデビュー40周年の話題)。表紙の写真はアルバム「或る秋の日」のケース裏面と同じもの。表紙+カラー&白黒30ページ
(PP.12-41)
「硬派の肖像 ─ ぶれない男、31人の人生訓」
ISBN: 9784091037442
単行本10.31(1,500)
1,650円
小学館【インタビュー再掲載】カラー6ページ
(PP.182-187)
「ミュージック・マガジン」 2019年12月号音楽誌・月刊11.20(800)
880円
ミュージックマガジン※安田謙一によるアルバム「或る秋の日」のレビュー。カラー1/2ページ
(P.163)
「billboardを呼んできたサラリーマン 電鉄会社の傭兵たちが作った夢の棲家
著者:北口正人
ISBN: 9784478084663
音楽誌・月刊12.05(1,500)
1,650円
ダイヤモンド社【エッセイ】※ビルボードライブに出演したことがあるアーティストたちのコメントを集めた『第11章「もう一人の顧客、アーティストからのコメント」』に随筆を寄稿。撮り下ろしは無し(アルバム「月と専制君主」のジャケットが肖像写真として使われる)。カラー1ページ
(P.226)
「週刊新潮」 週刊新潮 2020年1月2・9日新年特大号週刊誌12.25(418)
460円
新潮社【インタビュー】

ラジオ

放送局名「番組名」 (放送時間) DJ放送日備考
NHK-FM「洋楽グロリアス デイズ」 (毎週日16:00-17:00) DJ:片寄明人01.06(日)【ゲスト出演】
NHK-FM「今日は一日◯◯三昧」 (不定期特番の#219)03.02(土)【収録コメント】 当日はNHK-FMの開局50周年を記念した「今日は一日"ありがとうFM50"三昧 ポップス編」を11:00から23:00まで放送(18:50-19:20はニュースで中断)。司会は秀島史香と塩澤大輔アナウンサー。 (収録を含む)ステジオゲストは松任谷正隆、横山剣、ヒャダイン、野宮真貴、土岐麻子、津野米咲、眉村ちあき。 コメントゲストは佐野元春、布袋寅泰、miwa。
NHK-FM / NHKラジオ第1「ラジオ深夜便」(毎日 23:15-29:00) 第2・4月曜担当アンカー:柴田祐規子アナウンサー03.25(月)26時台 ロマンチックコンサート「ジャパニーズ・ポップス~佐野元春集」。♪「ガラスのジェネレーション」「アンジェリーナ」「サムデイ」「ダウン・タウン・ボーイ」「グッドバイからはじめよう」「コンプリケイション・シェイクダウン」「ヤング・ブラッズ」「99ブルース」「雪─ああ世界は美しい」「約束の橋」
InterFM897(@東京)「The Dave Fromm Show」(毎週月-木21:00-23:00) DJ:Dave Fromm/ジョー横溝04.01(月)【収録コメント】22:10頃からの「Joe's Selection」のコーナーにて、番組DJのDaveの還暦のお祝いに約13秒のメッセージを寄せる 。
NHK-FM「夜のプレイリスト」(毎週月-金24:00-24:50)04.03(水)映像ディレクターの大根仁(おおね ひとし)によるアルバム「SOMEDAY」特集。 アルバムに収録された11曲中、「真夜中に清めて」以外の10曲を曲順通りにオンエア。
FM COCOLO(@大阪)「PRIME STYLE SATURDAY」 (毎週土10:00-14:00) DJ: 山添まり04.13(土)11時台の「One Artist Request」のコーナーで、この日の夕方と夜にBBL大阪公演を控える佐野元春を特集。♪「約束の橋」「アンジェリーナ」「Young Bloods」「境界線」「ハッピーエンド」
MBSラジオ・毎日放送(AM放送@大阪)「上泉雄一のええなぁ!」 (毎週月15:30-17:43 火-金15:30-17:54) パーソナリティー:上泉雄一アナ04.30(火)番組10周年を記念した特別公開番組の中で佐野元春のメッセージ入りのサイン色紙が届けられ上泉雄一にプレゼントされる。
FM COCOCLO(@大阪)「PRIME STYLE SATURDAY」 (毎週土10:00-14:00) DJ:山添まり05.11(土)ゲストの浜崎貴司がギターの弾き語りで佐野元春の1981年の曲「SOMEDAY」を歌った。
NHKラジオ第1(AM放送)「うたことば」 (毎週日13:05-13:55、途中ニュースで中断、14:05-14:55) MC:向井慧(パンサー向井)/高橋久美子(ex.チャットモンチー)10.06(日)佐野元春特集。ゲストプレゼンター:鹿野淳。 番組サイトにオンエアレポートあり。
ニッポン放送(AM放送@東京)「上柳昌彦 あさぼらけ」 (毎週月5:00-6:00、毎週火-金4:30-6:00)10.07(月)〜10.11(金)【5日連続ゲスト出演】2ヶ月に1度の企画「ウルトラヒットの道しるべ」(毎日5時15分頃〜5時30分頃)のコーナーに登場。
InterFM897(@関東広域)「The Dave Fromm Show」 (毎週月-金16:00-18:51) DJ:Dave Fromm / assistant DJ:ジョー横溝10.07(月)【生ゲスト出演】18:00〜18:42頃登場。 ♪「最後の手紙」「或る秋の日」「私の人生」
JRN加盟局9局ネット「萩原健太のMusic SMiLE」 (毎週月-金 10分のミニ番組、放送時間は局によって異なる)10.07(月)〜10.11(金)5日間、毎日2曲づつ、佐野元春特集。FBC福井17:15-17:25/JRT四国17:45-17:55/MRT宮崎17:45-17:55/IBC岩手17:50-18:00/YBS山梨17:50-18:00/KNB北日本18:00-18:10/RKC高知18:00-18:10/RKK熊本18:10-18:20/OBS大分18:35-18:45/。
TBSラジオ(AM放送@東京)「BLITZ POWER PUSH」 (毎週月-金23:55-24:00) 隔週ミュージックプレゼンター:篠原梨菜10.07(月)〜10.11(金)5日間、毎日1曲づつ、佐野元春特集。
FMヨコハマ(@神奈川)「萩原健太のotonanoラジオ」 (毎週月24:00-24:30)10.07(月), 10.14(月)【2週連続ゲスト出演】フルタイムゲスト。新パーソナリティーとして萩原健太がこの回から登板し、佐野が新装開店第1回のゲスト。 第1週のテーマは「ウォール・オブ・サウンド」で、♪「SOMEDAY」「月夜を往け」「私の人生」。 第2週は「シンガーソングライター」で、♪「永遠の迷宮」「いつもの空」「或る秋の日」。
FM NACK5(@埼玉)「J-POP TALKIN'」 (毎週土22:00-22:30) パソナリティー:田家秀樹10.26(土), 11.02(土)【2週連続ゲスト出演】フルタイムゲスト。
エフエム熊本・FMK「FMK RADIO BUSTERS」 (毎週月-木16:00-18:55) 火曜担当パソナリティ:かなぶんや/伴都美子12.24(火)【生ゲスト出演】18:25頃から。
ミニ番組のオンエア曲
放送日\番組名JRN加盟局9局ネット
「萩原健太のMusic SMiLE」
TBSラジオ
「BLITZ POWER PUSH」
10/07
  • 永遠の迷宮
  • いつもの空
  • 境界線
10/08
  • グッドタイムス&バッドタイムス
  • 彼女
  • 紅い月
10/09
  • Bye Bye C-Boy
  • こんな素敵な日には
  • 純恋(すみれ)
10/10
  • どこにでもいる娘
  • 石と卵
  • 禅ビート
10/11
  • 詩人の恋
  • 蒼い鳥
  • 新しい君へ

テレビ

放送局名「番組名」 (放送時間)放送日備考
TBS系列全国ネット「サワコの朝」 (毎週土7:30-8:00)聞き手:阿川佐和子06.15(土)俳優の堤真一がゲスト。 「記憶の中で今もきらめく曲」のコーナーで佐野元春の「SOMEDAY」を取り上げる。佐野の出演やコメントは無し。
フジテレビNEXT「ARABAKI ROCK FEST.19」 (単発24:00-29:00)06.16(日)【ライブ映像】 ※再放送10.07(月) 24:00-29:00
テレビ東京「月~金お昼のソングショー ひるソン!スペシャル」(単発11:30-12:25)10.05(土)Kが佐野元春の1981年の曲「SOMEDAY」を歌う。※司会:島崎和歌子/原田修佑(テレ東アナ)、出演:秋川雅史/石原詢子/市川由紀乃/岩佐美咲/海蔵亮太/グッチ裕三/K/純烈/水森かおり/May J./彩青
フジテレビNEXT「オハラ☆ブレイク’19 夏 ライブとドキュメンタリー」 (単発21:00-24:00)10.05(土)【ライブ映像】佐野元春 & The Hobo King Band、オンエア曲:Complication Shakedown ※再放送11.10(日) 19:00-22:00

インターネット

Webページタイトル公開日備考
TOKYO VOICE | TRY READING03.013月1日に発行されたフリーペーパー「TOKYO VOICE」Vol.7に掲載された佐野元春インタビュー記事をウェブで同時公開したもの。写真の大きさやレイアウトが違う以外は紙面と同一内容。
本日、3月13日は佐野元春の誕生日。63歳となる|大人のMusic Calendar|大人のミュージックカレンダー03.13佐野元春の誕生日に市川清師(MUSIC STEADYの元編集長)が佐野について特にテーマを設けずに評論するもの。
佐野元春の尖鋭性 ー それまで日常で流れていた歌謡曲とは全く異質な音楽 | 2017年 | リマインダー - 80年代音楽エンタメコミュニティ、エキサイティング80’s!- Re:minder03.13テーマはこの時点での最新アルバム「Maniju」(2017.07.19)だが、内容はそれにこだわらず最近の佐野元春についての評論。カタリベ(Re:minder上で執筆者の意味)はロック評論家の海老沼大輔。

前後年

2017年の番組出演や雑誌インタビュー2018年の番組出演や雑誌インタビュー2019年の番組出演や雑誌インタビュー2020年の番組出演や雑誌インタビュー2021年の番組出演や雑誌インタビュー

このページについて

このページの編集やその他の操作

このページの最終更新日

2019.12.31 Tue

hitoriPedia